有料記事

2
記事

非特異的腰痛に対する疼痛科学に基づいた次世代の運動療法

ここで紹介する運動療法は、エビデンスに基づいた理学療法よりも非特異的背部痛に対して高い効果と持続性があります。(1)

おそらく現在(2020/02/07時点)でこの運動療法が非特異性背部痛の手段として紹介されている例はまったくないか、あっても稀少です。私は2019年にでた腰痛へのアプローチの医学書籍はほとんど目を通したと思いますが、このアプローチが記載されていたのは見たことがありません。

もっとみる

疼痛リテラシーアップデート

追記(2020.2.9)

疼痛リテラシーアップデートは理論です。ここから臨床応用することもできますが、具体的な臨床応用パターンの記事も作成しました。

https://note.com/tznote/n/n25a96d5612d3

疼痛治療はいまだ確立されていません。

特に慢性疼痛は長年、

●生物医学モデル(biomedical model)
●デカルトモデル(Descartes mode

もっとみる