優先順位を付ける

仕事を効率的に行う一つのセオリーに、やるべきことに優先順位を付けるというモノがありますね。
Doリストとしっかり向き合い、やることに意味を付けずにコツコツとやり続けるって言うアレです。
優秀な人で成果を確実に出す人たちはこれがよく出来る人達なワケで、僕はこれが苦手だ。

苦手な理由を考えてみる。
単純に、意思が弱い。
それは、ある。
単純に、ナマケ癖がある。
これも否めない。
しかし、何か違う…。

そんなことを考えながら参加していたミーティングの最中に、ふと降りてきたこと。
「諦めたくないんだ、俺」っていうのが一番しっくりときた。

優先順位を踏み間違えた結果、パシリと切られて終わることがある。
それがよくよくあって、何とかしていい答えを出そうとしていた矢先にパシリと来るものだから、いたためられなくなり不貞腐れることも良くあった。
何度も今度は同じ間違えを繰り返さないと心に決め、そしてまた繰り返す。
永遠に終わらない、ゴールのない、迷路のようなモノだ。
ここに優先順位を付けるという、最初の話にまた戻ってゆく。

誰もが幸せになる最適な答えがあるはずに違いない。
そう思ってやることは素晴らしいことだ。
しかし、仕事はそれだけでは計れないことが多い。
諦めたくない…この気持ちが、順序を壊し、また繰り返していく。
今度は、間違えないようにしたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2