見出し画像

既にあるモノで、今に適したモノをつくる。 「小さなお店の考えるマスクホルダーの形」の話

「このアイテムを使って、マスクホルダーって作れない?」

お隣のアパレルショップの方から、そんなお声がけをいただいた。
そのアイテムというのは、「GLASSES HOLDER +」。
首から吊り下げられるストラップ「だけ」というかなりニッチな、そしてそのニッチさ故に人気となったアイテムだ。

画像1

GLASSES HOLDER +という名前の通り、元々はメガネのツルにゴムを引っ掛けて使用するメガネホルダー。
ただ、「+(プラス)」マークが付いている通り、使用方法はそこで終わらない。

画像2

そこに、丸い形のカラビナを取り付けることによって、キーホルダーやポーチなど、様々なアイテムを引っ掛けられるアイテムになっている。

画像3

今回はこちらのアイテムに、小さなパーツを取り付けて、マスクを外した時にも首から引っ掛けておけるマスクホルダーへのカスタムをすることに成功したのでご紹介したい。

選んだのは小さなナスカン

画像4

今回 GLASSES HOLDER +を、マスクホルダーとしても使用できるようにカスタムするために選んだのは、この小さなサイズのナスカン。
既存のマスクホルダーとして使われているパーツの場合は、金具を直接ストラップに取り付けてはずれないようにしてしまうのだけど、今回はネット上を探しまくってこの小さな金具にたどり着いた。

というのも、元々のGLASSES HOLDER +が、丸い形のカラビナを簡単に取り付けたり外したりすることで、メガネホルダーとしても幅広い用途に使えるネックストラップとしても使用できているように、GLASSES HOLDER +というものを「マスクホルダーだけ」のものにしてしまいたくなかったからだ。

画像5

このナスカンなら、メガネのツルに通すだけで簡単に取り付けられて、マスク以外の用途に使いたい時にも戻せる。
それでいて重さも1つ1g程度なので、つけていても耳へのダメージになりにくい。
ある程度穴の大きさも長いので、耳にかける部分が太めのマスクにも対応することができる。
カラーもゴールドとシルバーの2色を用意できたので、装いに合わせて付け替えてもらってもいいと思う。

食事や水分補給の際に、首からマスクをさげておける便利さ

画像6

食事や水分を補給する際、マスクを一回一回畳んでしまったり、どこかに置いておくのは意外とめんどくさい。
それが、マスクホルダーを使用すると一気に楽になる。
正直マスクホルダーとしてのメリットはそこに集約される程度なのだけど、それが意外と馬鹿にできない。

画像7

お店でマスクをしていて、ちょっと水分を取る時にマスクをグシャグシャにせずにできたり、机の上に置いていて空調の風に運ばれて地面に落下したり。
そんな小さなストレスを感じてきたけれど、耳から外すだけなのに胸元でマスクが保持されるというのはとても快感に感じられる。

ファッションにも幅広く合わせられること

画像8

マスクそのものも新型コロナウイルスの影響を受けてファッションとしての要素が強く求められることになった。
GLASSES HOLDER +はそもそも蛍光イエローのような攻めたカラーリングから、ブラックやネイビーといった使用しやすい色が展開されているので選択肢としても選びやすい。

画像9

更に昨年登場した組紐タイプは落ち着きのあるカラーリングなので、幅広い年齢の方に手にとってもらいやすいものだと思う。

画像10

このあたりは、新しくオリジナルで商品を作ろうとすると、在庫をたくさん抱える問題なども発生するのだけど、既存のアイテムをハックするような形で展開させていただくことをメーカーさんにもOKを頂けたことで、うちのような小さなお店でも新しい商品として大きなリスクを取らずにオリジナルのアイテムとして提案することが可能になったことは本当にありがたい。

新しいものをつくらなくても、小さなお店だからできる提案を

画像11

緊急事態宣言が延長となる中で、新型コロナウイルスにあわせた商品にはまだ当分の間需要があるとは思う。
お店としても、販売するものをそこに合わせていく努力は必要だと思う。

ただ、新型コロナウイルスがいつか落ち着いた時、生産したものが大量に売れ残って廃棄される・・・といったことは、「もの」に携わる人間である以上できる限り避けたい。

そんな中で、お隣のお店に頂いた言葉がきっかけとなって、既製品をカスタムすることで用途を拡大しつつ、元の機能を破壊しないという提案ができたことは、個人的にすごく嬉しく思っているところだ。

もし、マスクを外したときのポジショニングに悩んでいる方がいらっしゃれば、このアイテムを試して頂ければ嬉しい。

こちらの記事を面白いと感じて頂けた方は「♡マークのスキ」を押していただければ幸いです。(スキは非会員でも押すことができます)
また、フォローやシェアも大歓迎でございます。
大阪の気軽にアクセスできない場所にあるお店ですが、今後もnoteを通して皆様と交流できれば幸いです。

↓↓↓ぜひtwitterやinstagramのフォローもよろしくお願いいたします!↓↓↓

twitter @tyarinko
instagram @docketstore


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝です!😊
89
ドケットストア店主。無印良品を運営する良品計画で店長などをつとめ独立。文具と収納用品のラベリングをテーマにしたお店を大阪府箕面市で運営。三角コーンで看板を作ったり宝塚の老舗カフェ百合珈琲のPMしてます。出版したい。 https://docketstore.storeinfo.jp