☆Springin’のしくみをデザイン☆#009

今回のテーマは『ワープ』です。
この【ワープ】というプログラムは、アイテム(ピン止めしていないもの)が入口アイテムに当たると出口アイテムに飛ぶというプログラムなのですが、
他のプログラムとの組み合わせで様々なしくみが作れます。
その代表例として、
コントローラーを作ったとき、キャラクターが動く向きと、向いているイラストの向きが違ってしまう、なんてことはよくあるわけですが、
もし「こっち進むときはこんな感じ」というイラストを準備することができるなら、ちゃんとそうなるようにプログラムすることができるよー、というテクニックのご紹介です。

また①って言って、そのあと作ってませんでした・・・。

ちなみに、私が初心者~中級者入口ぐらいのときに出会った公式ワークがこれ。ものすごく感銘を受けて、必死に中身を調べた記憶があります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
東京の私立宝仙学園小学校の教員。ビジュアルプログラミングアプリ『Springin’(スプリンギン)』の大人クリエイター。あまりテクニックがまだ一般化されていないSpringin’の可能性について考えていきたい。