見出し画像

連載「デザインの新定義」がついに……


2011年から続いた月刊「商店建築」の連載「デザインの新定義」を、発売中の2019年12月号で一旦終えることになりました。
https://www.shotenkenchiku.com/products/detail.php?product_id=351&fbclid=IwAR2J-Yj1R-1lEZn_0TuNP2UC99TkJQTucO4wNy2i4ZsjflilZVE5CYM-mt8

ちょうど連載100回目であり、いろいろと節目でもありつつ、いちばんの理由はこの約8年間で「新定義」だったものが徐々に当たり前になったこと。たとえば、比較的多く取り上げてきたエディション作品に特化するデザイナーが、以前は「デザインでなくアート」と言われかねなかったのが、普通にデザインの範疇に入ったような変化があった。

「デザインの新定義」は他にも、並行する別の活動も興味深かったり、特定の手法や素材に注力していたり、東欧やアジアなどを拠点に新しい領域を開拓していたり、というデザイナーをQ&A形式で紹介してきた。今年のラインアップは1月からJosephine Akvama Hoffmeyer(File under Pop)、村越淳、寺山紀彦、Magniberg、Ville Kokkonen、Ayzit Bostan、Zanellato/Bortotto、Aldo Bakker、荒木宏介、Ida Linea Hildebrand (Friends & Founders)、Linde Freya Tagelder (destroyers/builders)、Oliver Gustav。本当に心から取材したかった、または取材できてよかったデザイナーばかりだなと(海外デザイナーは主にメール取材)。

Josephine Akvama Hoffmeyerはその後、エリーザ・オッシノとの共同ブランド「H+O」を4月のミラノデザインウィークで発表して話題になった。村越さんの「Equilibrium」も4月にミラノで展示があり、秋はさらにアップデートした作品が登場している。寺山さんも今年はすばらしい新作や展示が立て続けで、個人的には日本版(があるなら)Designer of the Year候補かと。

スウェーデンのMagnibergは、9月にKvadratの傘下に入ったと知って驚かされた。Ville Kokkonenは展覧会本もよかった「10 000 years of design」展と、Iittala(↓)やIwatemoの仕事を紹介。ミュンヘンのAyzit Bostanは先日、来年の展示についていいニュースを聞いたばかりで、とても楽しみ。

画像8

Zanellato/Bortottoは今年、LVの仕事で名を上げたけど、連載はGalleria Luisa delle Pianeでの新作を紹介した。Aldo Bakkerは、NYでの初の大規模個展について。荒木宏介さんは今秋のDESIGNARTでも展示したANIMAがV&AとMoMAにダブル収蔵される快挙。おめでとうございます。

Friends & Foundersは日本での展開が始まって今後にも期待したい。BRUTの一員でもあるLinde Freya Tagelderは、校了直後にベルギーのDesigner of the Yearに。そして12月号、Oliver Gustavの言葉は連載最後にふさわしい好内容だったと思う。こちらは今月中にぜひ手にとっていただけたらと……。

連載の開始以来こうした調子で、新しい(といってもすでに独自に活躍している)デザイナーについて考える機会を継続してもてたのは貴重だった。そこに区切りをつけるにあたり、今後は「新しさ」ではない視点に重心を移して……とも思ったけれど、こう振り返るとこれはこれでやはり離れがたいものがあり、改めて何か考えたい。書籍化? それは不徳の致すところで、なかなかに難しいらしく。

ともかく今まで取材に協力いただいた100組のデザイナーのみなさまを下記に。本当にありがとうございました。

2019
Oliver Gustav、Linde Freya Tagelder(destroyers/builders)、荒木宏介、Aldo Bakker、Zanellato/Bortotto、Ayzit Bostan、Ville Kokkonen、Magniberg、寺山紀彦、村越淳、Josephine Akvama Hoffmeyer(File under Pop)

2018
Rooms、Martin Solem、芦沢啓治、Pedro Paulø-Venzon、Giacomo Moor(↓)、坂下麦、Mats Horbach & Anne Lindberg、Elyse Graham、鈴木啓太、三澤遥、Raw Color、松山祥樹

画像8

2017
Formafantasma、Philippe Malouin(↓)、真喜志奈美、Thévoz-Choquet、Fang Gao、Sabine Marcelis、本多沙映、Studio Swine、Babeta Ondrová、井上隆夫、Mieke Meijer、we+

画像6

2016
Assemble、Nick Ross、野本哲平、Hans Maier Aichen(↓)、Krakvik & D’Orazio、Dessuant Bone、Victoria Wilmotte、Julie Lansom、Porky Hefer、Ladies & Gentlemen Studio、村上諒平

画像5

2015
白木麻子、Jörg Schellmann、Energy Meet、Christien Meindertsma、佐野文彦、Takt Project、Random International、Benjamin Dillenburger & Michael Hansmeyer、Llot Llov、Ro/Lu、Spread、Max Gunawan

2014
De Intuïtiefabriek、Dmorestudio(↓)、牛込陽介、Norm architects、狩野佑真、Poetic Lab、Anne Fabricius Møller、長嶋りかこ、Julia Llohmann、Neri & Hu、林洋介、India Mahdavi

画像4

2013
板坂諭、Studiopepe、Kirstie van Noort、Atelier I+N、太刀川英輔、Humans Since 1982、 Laula Noriega、古山春香、Pepe Heykoop、403architecture[dajiba]、Muller van Severen、Mike Abelson


2012
Yves Béhar、Ron Gilad、Jonah Takagi、 Ionna Vautrin、角田陽太、Studio Juju、Daphna Laurens、Ana Kraš(↓)、Rotor、Tomás Alonso、吉行良平、Scholten & Baijings

画像2

2011
Lindsey Adelman(↓)、Pantaloon、Mischer'traxler、清水久和

画像1

そして末筆ながら「商店建築」歴代の担当編集者と編集長のみなさま、ありがとうございました。特に最初の連載担当で、連載名の名付け親であり、前身になった連載「空間コラボ」できっかけをつくってくれた佐藤さん(現在フリーランス)と、途中から100回まで完璧にフォローしてくれた「商店建築」編集の玉木さんには、これからも足を向けて寝られません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
ライター/デザインジャーナリスト。プロダクトやインテリアはじめさまざまな領域のデザインをテーマとして、雑誌やウェブサイトで原稿を書いています。 https://twitter.com/th_bbc https://instagram.com/tt0