見出し画像

はじめてのTWSNMP(Windows版)

TWSNMPの「お試し版 その3」をリリースしました。このバージョンから念願だったインストーラーからインストールできるようになりました。そこで、インストールから自動発見機能でマップにノードを登録するところまでのマニュアルを改定することにしました。まずは、Windows版の説明からです。

ダウンロード

TWSNMPのインストーラーは、

からダウンロードできます。
2020年5月6に公開したのは、「お試し版 その3」(v5.0.0-beta.3)

です。

ダウンロードするファイルは、

TWSNMPWinPkg.zip: Window版インストーラーと証明書。

です。

ダウンロードしたTWSNMPWinPkg.zipを解凍します。中に

twsnmp.cer : 証明証ファイル
twsnmp.msi : インストーラー

があります。

証明書のインストール

これは、必須ではありませんが、警告が気になる人は、インストールしてください。
Window版のインストーラーや実行ファイルは正式な証明機関が発行した証明書で署名していません。前にも書きましたが個人のソフトを公開するためには、費用などのハードルが高いためです。コード署名について知りたければ、

を参考にしてください。でも、TWSNMPでは、

のオレオレ証明書を作成して署名しているので、先に証明書をインストールする必要があります。twsnmp.cerをダブルクリックすれば、インストールの確認画面が表示されます。

画像1

<証明書のインストール>ボタンをクリックします。クリックすると証明書のインストール場所を選択する画面が表示されます。

画像2

はじめての人には、どうしてよいか分からない画面です。自動選択でできればよいのですが、よい場所を選んでくれないようなので、ここではインストールする場所(ストア)を自分で選びます。”証明書を次のストアに配置する”を選択して、<参照>ボタンをクリックすると、選択画面

画像3

が表示されます。”信頼されたルート証明機関”を選択して<OK>ボタンをクリックします。この証明証を信頼するという意味です。元の画面に戻りますが、”信頼されたルート証明機関”が選択されている

画像4

のを確認して<次へ>をクリックします。確認画面

画像5

が表示されるので<完了>ボタンをクリックします。しばらくすると

画像6

の警告が表示されます。難しいことが書いてありますが、この証明書を信用するかどうか聞いています。信用するための材料として、拇印の値が表示されているものと一致するか確認することが役に立つと言っています。上の画面コピーと同じ値(02BA56....の部分)ならば、私の作った証明書と同じです。<はい>をクリックしてインストールします。

画像7

インポート完了のダイアログが表示されるので、<OK>をクリックします。これで、証明書のインポートはできました。

この証明書は、2099年まで有効なものです。TWSNMPの利用者が爆発的に増えて偽物を配布しようとする悪いやつがでてきたら 、皆さんに寄付してもらって、高価な証明書を購入するかもしれません。ただ、現時点ではnoteにアップロードした画面コピーとgit hubで公開している証明書の両方を誰かが苦労して改ざんしない限り偽物を配布できません。そんな苦労する価値は今の所ないと思っています。

インストール

解凍したファイルのtwsnmp.msiをダブルクリックすると、インストーラーが起動します。

画像8

ダウンロードしたファイルから起動した場合は警告がでる場合があります。がそのまますすめると。

画像9

使用許諾に同意する欄にチェックして<インストール>ボタンをクリックするとインストールを開始します。確認画面

画像10

が表示されます。証明書をインストールしていないとタイトルの背景の色が黄色で発行元が不明になります。もし、証明書をインストールしていても、そのような確認画面が表示されたら、そのインストーラーのファイルは、私が作ったものではないので、インストールしないほうがよいです。インストールを続行する場合は、<はい>をクリックします。

画像11

この画面が表示されれば、インストールは完了です。<完了>ボタンをクリックして終了します。

起動

インストールが完了したら、スタートメニューからtwsnmpを検索して起動します。

画像12

TWSNMPは管理者権限で動作する必要があるため

画像13

の確認画面が表示されます。<はい>をクリックします。この確認画面も証明書がインストールされていないければ、タイトルが黄色で、発行元が不明になります。

画像14

この画面が表示されれば、うまく起動できました。おめでとうございます。

データベース新規作成

起動して表示された最初の画面の<新規>ボタンをクリックします。データベースファイルを選択する画面

画像15

が表示されるので、デーベースファイル名を入力して<保存>ボタンをクリックします。空のマップ

画像16

が表示さればデータベースの作成は成功です。おめでとうございます。

自動発見

マップ上の最初のノードを配置したい位置を右クリックして表示される「自動発見」のメニュー

画像17

をクリックします。自動発見のダイアログ

画像18

に、検索するIPアドレスの範囲を入力して<Start>ボタンをクリックします。しばらくして、

画像19

のようにマップ上のノードが表示されれば、もう、あなたは、TWSNMPを使えるようになったということです。 ますます、おめでとうございます。

まとめ動画(Windows版)

猫が後ろで寝ているので静かに解説しています。

ダウンロード後の警告について

証明書をインストールしてもインストーラーを起動した時に、

画像20

のような警告が出る場合がありあす。<詳細情報>のリンクをクリックすれば、

画像21

のような表示になり、<実行>ボタンが表示されます。このボタンをクリックすれば、起動できます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

有難き幸せ!
1
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを、いまだに多くの人に使っていただけて、幸せに思っています。 最近、新しい技術でTWSNMP Managerの復刻版の開発を行っています。 開発日誌やマニュアルをnoteに書いています。

この記事が入っているマガジン

TWSNMPの使い方
TWSNMPの使い方
  • 30本

TWSNMPのマニュアルをnoteを使って書いているマガジンです。noteを使えば、画像、動画、ファイル、ソースコード、文書をうまく組みわせて、楽しくマニュアルが書けるように思っています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。