見出し画像

祝 TWSNMP FC v1.0.0 リリース

今年の1月1日から開発を始めたTWSNMP FCのv1.0.0をリリースしました。最初のリリースです。
復刻版TWSNMPの機能に加えてより改善してあります。

Docker版

一番のおすすめの動作環境はLinux上のDockerです。Dcoker HUB

で公開しています。

画像1

Linux環境では、まずpingを実行できるように

$sudo sysctl -w net.ipv4.ping_group_range="0 65535"

を設定する必要があります。
そのあと、

#docker  volume create twsnmpfc #docker  run --rm -d --net host -v twsnmpfc:/datastore twsnmp/twsnmpfc

のようにボリュームを作成して起動できます。
WindowsやMac OSのデスクトップ版Docker環境の場合は、

#docker  volume create twsnmpfc #docker  run  --rm -d --sysctl net.ipv4.ping_group_range="0 65535" -p 8080:8080 -v twsnmpfc:/datastore  twsnmp/twsnmpfc

のように起動します。

Windows,Mac OS,Linux、RaspberryPI環境

Dockerではなく通常のOS環境でも動作します。実行ファイルは、

にあります。

画像2

ダウンロードしたらHASH値を確認してください。
ZIPファイルの中には実行ファイルが一つだけあります。どこかのフォルダに解凍してください。次のようにデータストア用のフォルダを作成して起動すれば、すぐ使えます。

>mkdir datastore
>twsnmpfc.exe --local

パラメータに--localをつけるとローカルだけポートをオープンしてブラウザーも自動で起動します。

ブラウザーからアクセス

ブラウザーをから

http://<TWSNMP FCのIP>:8080/

にアクセスすると

画像3

が表示されます。<ログイン>ボタンをクリックします。ログイン画面

画像4

が表示されます。

ユーザーID:twsnmp
パスワード:twsnmp

でログインできます。空のマップが表示されます。
「システム設定」ー「マップ」メニューからマップ設定

画像5

を表示してマップの名前やログイン時のユーザーID、パスワードを変更してください。その他必要な設定をしてください。設定できたら
「自動発見」メニューから自動発見画面

画像6

で検索するアドレスの範囲を指定して<検索>ボタンをクリックしてください。完了すればマップ上にノードが表示されます。

画像7

詳しい説明を、そのうち書こうと思っています。
今朝は、天気が悪くて、ちょっと寒いので猫が、騒いでいます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
twsnmp

頂いたサポートは助手の猫のご飯代とテスト用の機材の購入に活用させていただきます。

有難き幸せ!
2
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを、今も多くの人に使っていただけて、幸せに思っています。 2019年末から新しい技術でTWSNMPの復刻版を開発しました。 2021年からコンテナ環境で使えるTWSNMP FCを開発しています。