見出し画像

2020年1月の読書

中間管理職はもちろん、チームリーダーや主任にオススメ。

bestとは言いませんが、betterな感覚が身につくと思いました。


医師が著者の薬薬連携の本。

文字多いのですが、読みやすく新たな視点に気づきます。


担当病棟の看護師を対象に精神科薬について勉強会しました。

その時に使用しましたが、初めの一歩とタイトルにもある通り、よかったです。


薬学実習生向けに購入しました。
検査値は、ネットから情報をゲットできる時代です。
しかし、本書は臨床感覚にフィットした解説が展開しており、無機質な検査値解説に終始していない点が学生に好評でした。

薬剤師は、薬剤以外のアプローチ知識が薄いことが多いです。
本書を通して、様々な非薬剤的なアプローチも学び共有することで、
チーム力を上げて、患者さんにより寄与できると思います。
とても読みやすい良書。アルパカも可愛い!


知り合いの研修医からいただきました!
薬学学生に対して、研修医の目線と思考を共有することもチーム医療において重要だと思っています。モチベーションにも影響あると思いますので、一読をお勧めしてます。
後半に記載されている、プレゼンの仕方は学生の症例報告にも大いに役立ちます。


ずっと気になっていた参考書。

論文サボっているので、買ってしまいました。

新しいことや裏ざわを書いている訳ではないのですが、

スモールステップを設定し、モチベーションを上げてくれる

ありがたい参考書と感じました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いします。いただいたサポートは、若手薬剤師教育のための参考書、英語校正や論文出版費に限定して使用させて頂きます!

とても励みになります!
2
とある病院薬剤師です。多くの方々にサポートや記事の購入を頂き心から深謝いたします! ★ はてなブログでも、論文紹介を中心に展開してます http://akinohanayuki.hatenablog.com ★   博士(薬学)・感染制御専門薬剤師・抗菌化学療法認定薬剤師