見出し画像

いつも通りも減っていく

紅白で、休止前最後かもしれない嵐の歌唱を見ていると、弟が千葉から帰ってきた。
あと数十分で年が明けても、久しぶりの弟の帰宅でも、我が家は何も変わらない。わたしはテレビに目を向けたまま、「おかえり」と声をかけた。まるで毎日言っているかのように。

翌朝、元旦は毎年家族揃って朝食のおせちとお雑煮を食べる。元旦は必ず白味噌のお雑煮。
父はいつもと比べると遅めの朝食だし、弟は早めの朝食。
わたしは年末年始のアルバイトをしていたので、朝食もそこそこに家を飛び出した。いつもなら、家族揃って初詣に行くのだけど、今年は行けなかった。

こうして、だんだんと家族全員で過ごす毎年の何かは減っていくのだろう。例えば、誕生日のケーキとか。今年の弟の誕生日は、初めて本人がいない日になる。
減っていくたびに、年を重ねていることを実感する。

家族で過ごす時間はいつまで続くのかわからないけれど、わたしの大事なものはこれから先も変わらないと思う。

明けましておめでとうございます。
今年もいつも通りに過ごしたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
misaki

お気持ち嬉しいです。のんびり更新します。

ありがとうございます。シェアしてくれると嬉しいです!
webデザイナーでブロガー。ときどき更新します。