新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

フィロソフィーのダンス日向ハルがミュージカルから学んだこと

先月よりスタートした「フィロソフィーのダンス 偏愛記」。前回の奥津マリリ、佐藤まりあにつづき、登場するのは日向ハル! 記事の最後には、今回のために撮り下ろした日向ハルのフォトギャラリーもあるのでぜひご覧ください♡

文/日向ハル 撮影/佐野円香

こんにちは〜
フィロソフィーのダンスの日向ハルです。

画像2

画像2

この度、ありがたい事にTV Bros.さんにて連載を始めさせて頂く事になりました。嬉しい!! ありがたい!!

今日は初回のインタビューでもお話したミュージカルについて語っていこうと思います。


ミュージカルとの出会いは幼稚園の時に観に行った『アニー』でした。

たぶん最初はお母さんに連れられて行ったんだと思うんだけど、踊る事が大好きだった私は(当時クラシックバレエを習っていた)すぐに作品に夢中になって、それから数年間毎年欠かさず観に行っていた記憶があります。
ステージ上でキラキラ輝いてる同世代の子達に憧れて、いつでもどこでも真似して歌ったり踊ったり(騒がしい子供だったのよね)、「大好きですミスハニガン!」って台詞を言ってみたり。
これは余談だけど、調子に乗ってオーディションを受けましたがもちろん書類審査で落ちました(笑)。


まぁそれは置いといて(笑)。

その後は自分が歌ったり踊ったりする事に夢中でしばらくミュージカルというものに触れてなかったんだけど、今年の頭にとあるネット広告を見て興味が湧いて、1人当日券を買ってふらーっと観に行ってみたんです。それがブロードウェイミュージカル『Dreamgirls』の来日公演でした。

もちろん作品自体は知っていたし劇中歌も聞いた事はあったけど恥ずかしながら本編を観た事はなくて、どんな話なんだろーって簡単にあらすじを調べてから鑑賞。

そしたら本当に衝撃的で!!!
なんだこのかっこよさは!!!となったわけです。


出演者の皆さんの歌のパワーといい、生バンドの迫力といい、めちゃくちゃ感動。やばいーー私もこうなりたいーーと思ったわけです(語彙力なし、偏差値2)。
あと隣に座ってた海外の方が高まる度に「Yeah!」「Wow!」って言うのも相まって良かった。また隣に座ってほしい。


その後、他のミュージカルも観に行こうと思ってたんだけど惜しくも新型コロナウイルスの影響で公演が中止に(残念だったけど演者の皆さんの健康が一番!落ち着いたらリベンジしたい!)。


だけどやっぱりあのかっこよさが忘れられなくて、おうち時間を使って『ドリームガールズ』のDVDを見てみました。
今度は話の展開も分かっていたし、分かんないところがあっても巻き戻せるからさらに楽しめた(笑)!


何回見てもかっこいいんだーーこれが。
私なんて足元にも及ばない、お口ポカン衝撃波ドーン状態ですよ(なんだそれは)。

この作品で一躍注目されたのはエフィ役を演じたジェニファー・ハドソンだと思うんだけど、私も同じように彼女の歌に本当に感動しました。
上手い。本当に上手い。なんか海の奥底から溢れ出てきたようなパワーがある。凄い。私もこうなりたい。

そしてディーナ役のビヨンセ!
もちろんビヨンセのすごさはみんな知ってると思うけど、ジェニファー・ハドソンとはまた違った良さ、そして美しさ、、、


ローレル役のアニカ・ロニ・ローズもすごい! 役柄的に他の2人より歌のパートは少ないんだけど、彼女も信じられないぐらい上手いです。ハイトーンがかっこいい!



というかもう出演者の方々全員のレベルが高すぎる。なんだここは歌のオリンピックか? 私が審査員だったら全員に金メダルあげてるな状態でしたね。(?)
審査員としては失格だけど、歌って誰が1番とかそういう話じゃないじゃん。みんなそれぞれの素晴らしさがあってそこからは好みの話だと思うの。だからそれでいいと思うの(笑)。


ここから無理矢理まとめると(笑)、
この作品を見た事によって、自分が歌を好きな理由は共感出来る歌詞だから〜とかリズムが心地いいから〜とかそういう事以前に"パワーをもらえるから" "感動できるから"だってしっくりきて。

音楽って正直なくても生きていけるけどそれじゃつまらない。音楽のお陰で自分自身が活き活きとしていられるんだなって改めて大切な事に気付かされました。

そして自分もいつかミュージカルに挑戦してみたいという新たな目標も見つかりました。いつになるか分かんないけどよかったらその時は観にきてね。


ちょっと前まで音楽番組が少なくてその間すごい寂しかったし、未だに遊びに行けるライブもなかなかないから早く日常が戻ってきたらいいなって思います!


それとみんな"black lives matter"って知ってる?


この続きをみるには

この続き: 602文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
「TV Bros. note版」は、月額500円で最新のコンテンツ読み放題。さらに2020年5月以降の過去記事もアーカイブ配信中(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)。独自の視点でとらえる特集はもちろん、本誌でおなじみの豪華連載陣のコラムに、テレビ・ラジオ・映画・音楽・アニメ・コミック・書籍……有名無名にかかわらず、数あるカルチャーを勝手な切り口でご紹介!

TV Bros.note版

月額500円

新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、テレビ、音楽、映画のレビ…

この記事が参加している募集

スキしてみて

TV Bros.note版では毎月40以上のコラム、レビューを更新中!入会初月は無料です。(※キャリア決済は除く)

スキありがとうございます!
【新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、過去配信記事のアーカイブ(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)などが月額500円でお楽しみいただけるデジタル定期購読サービスです。