見出し画像

iPHONE 12で大発見

Do You Know?
ベトナムのような国では正式なアップルストアがないため、新しいiPhoneの価格はアップルの公式な価格より2、3倍ぐらい高くなります。

こんにちは。グエんヴァントゥンです。

やっとiPhone 12 が登場してきましたね。早速iPhone 12を購入していろいろな操作を試しました。もちんろんユーチューブでiPhone 12についての動画がいっぱい並んでいると思いますが、これから私が紹介することはもしかしてユーチューブでまだ発見されていないことかもしれません。

画像1

新しい変更と言うと、iPhone 12はもっと軽くなり、もっと小さくなっているので持ちやすいです。そして側面がラウンド(湾曲)していない直線的なスタイルです。今年からiPhoneのボックスには充電器がなく、ケーブルとiPhone本体だけ入っていますね(充電器は別の費用がかかってちょっと嫌ですけど)。iPhone 12はから磁石がついているので、撮影の際にも充電の時にもただくっつけるだけで前より楽になりますね。

カメラについてiPhone 11よりiPhone 12 のほうがリアリティな写真ができると感じます。他には前のiPhoneに比較したら特に大きな変化がなさそうです...

画像2

が、いつもと同じに今日は顕微鏡の撮影している間に大きなことを発見してしまいました。
特に撮影よくやっている人は知っていると思いますが、今までスマートフォンで動画を撮る際にLEDやネオンに向いたらちょっとおかしいと思ったことがないですか? 携帯の画面を見るとチカチカしていますね。こちらについてなんとかiPhone 12から解決できました。11以前のiPhoneと他のスマートフォンなら必ずピカピカになっていますね。実際にiPhone 12で動画を撮ってみたらチカチカしなくなりました。これはまるでiPhoneだけではなく、今までの携帯撮影業界で大変化になりますね。特に暗い空間で撮影をよくする人は気になるはずです。

さて顕微鏡にはLEDが付いていますので、普通の撮影に対して若干良くなりますが、顕微鏡撮影では大きなメリットになるかもしれないですね。これでiPhone12と顕微鏡はパーフェクトなコンビネーションです。

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
応援ありがとうございます 🥳
3
マイクロネット株式会社のグエンです。埼玉大学工学部から卒業しました。日本語能力試験N1とTOIEC 850点を持ち、外国語や海外の文化に深い興味があります。顕微鏡とiPhoneに興味をお持ちの方は是非私の投稿を見てください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。