ハイライト

59

ハイライト改訂版㊱

 あの日から、もう三か月が経過した。もう春がすぐそこまで来ていた。  去年の春から何度も…

ハイライト改訂版㉟

 足を踏み入れた公園は薄暗かった。住宅地の空きスペースに作られた公園は中心部に大きな木が…

ハイライト改訂版㉞

 僕達は電車を乗り継ぎ、宮野写真館のある駅に降り立った。 「ここに来るつもりだった?」 「…

ハイライト改訂版㉝

 彼女と久し振りに会う日、これからの行く末を示しているような雨が降り落ちている。気持ちが…

ハイライト改訂版㉜

 夜の寒さに耐えながら街を歩けば、神の誕生を祝うイルミネーションが、それこそ神々しく輝い…

ハイライト改訂版㉛

 街を歩く多くの人が、マフラーや手袋を身に着けているようになった。本格的な冬の訪れへの準…

ハイライト改訂版㉚

「で、オレを呼び出したのは?」  ベランダの手すりにもたれかかった彼は呟く。過去の回想を…

ハイライト改訂版㉙

 大学の研究室のベランダから外を眺めていた。急にやってきた寒さに立ち向かい、色付いた葉っ…

ハイライト改訂版㉘

「お前、正気か?」  酒に酔った翔平が僕を責めるように口走った言葉には棘があった。いつも…

ハイライト改訂版㉗

「……ありがとう」  沈黙を破った感謝の言葉は、どこか想定の範囲内の言葉だった。その後に…