つぐみ

京都の亀岡にある古民家のお話 自然、古いもの、カメラが好きです。 https://tugumi.info/

つぐみ

京都の亀岡にある古民家のお話 自然、古いもの、カメラが好きです。 https://tugumi.info/

    最近の記事

    畑2022

    今年も畑やるのか?散々迷いました。 野菜を育てること、すごく楽しいし、夢中になれるし、結果がみえる。 だけど、愛情深くなりすぎて虫もお天気も病気も心配でたまらなくなる。 気持ちをどうあらわしたらいいのかわからないとき、 よくよくわかってくれる友人が言葉にしてくれた。 「命がはじまってしまう、責任感?」 そう、それそれ! ごめんね、かわいそう、がんばってる、、 そんな感情を想像しては疲れてしまう。 そして今年は自由に行き来がしづらくなった。 どうしようどうしよう、迷ってるう

      • 畑2021

        2回目の夏野菜! 2020は、ちょうどコロナ禍で緊急事態宣言中、 仕事もお休みとなり始めるには絶好の苗植え期間でした。 が、2021は働きながら。 からっと晴れた日には1日1回は水やり欠かせないので 出勤前に通う、よう頑張ってました^^🍅 パセリの根菌が病気をさけてくれるので茄子の間へ。 マリーゴールドは成長を促進してくれる。 わさび菜は、あっというまにとう立ちしてしまっておしまい。 アブラナ科ってみんな菜の花みたい^^ 水分すくなめでいいトマトには、水分が大好きなバジ

        • 畑2021の準備

          庭を気にしだすと、雑草の伸び具合に驚きます。 ん?ひいたのにもうこんなに伸びた??! もう〜〜と悲しくなることも。 ということでですね、砂利にしました。 たぶん業者さんにお願いするレベルの砂利。 防草シートを貼ってから砂利! 除草剤の危険性はよくよく聞いてるから使わない! なんとか在庫減らしたい瓦くんで 畑面積としっかり区別をつけました。 春の野草、程度であればかわいらしい野草。 風情はなくなるけど、大雨の後は膝くらいまで伸びて湿地→虫 ぬかるみもひどいので、変更してよ

          • 畑 2020つづき

            コンパニオンプランツの関係を知るごとに おもしろいなーとわくわく。 一緒にいることで一方的に支えたり、お互いにメリットがあったり。 海の生き物の関係にも片利共生、互利共生があって 海の世界っておもしろいなーと思ったけど畑にもそんな関係が🌿 トマト・バジル(トマトの余分な水を吸う) ケール・ネギ(トマトの病気防ぐ・アブラムシ除ける) 千両ナス イタリアンパセリ・西洋パセリ(ナスの病気防ぐ)・マリーゴールド(ナスの生育を助ける) 黒枝豆・ピーマン(枝豆の生育を助ける) 紫蘇(

            畑 2020

            野菜づくり、じぶん主動ではじめてみた2020年。 まずはどんな畑にしよう? つねづね思っていた瓦在庫をなんとか使いたい。 瓦を花壇に使ってる方の写真を見つけたので 頭に入れて構想^^ 耕す、畝を作る。 なかなか鍬を扱うのは難しいのですね。 持ち上げが重い、狙ったところにいかない。 腰のいたみとたちくらみ😂 作業はこれから!瓦の運び出しと、埋まるくらいの穴堀り😂 だんだん囲いができてきて、 ネギを植えて畑らしさを実感してやる気チャージ! まる・さんかく・しかくの形が実

            野菜と家への興味

            ひとり暮らしで、飼い猫と離れて さみしさ紛らわしに育て始めたような気がする植物。 猫並みに可愛がってしまう。日々の成長が愛おしい。 庭もベランダもないお家だったけど、 それでも室内の陽のあたるところでルッコラが育つ。 台所でちぎってお弁当に添えて持っていける嬉しさ。 大根や人参も水につけておいたら葉がでてくる 生命力におどろく。 初めてパプリカ を調理して、出てくる種の多さに驚く。 植えたら芽はでてくるのかな? 植える時期も調べずに土にそっと撒くと出てきました! 室内で大

            畑 2019

            芽吹き、あたたかい空気、菜の花料理、ウールニット卒業。 春をいろんなところで感じるようになりました。 夏野菜を作るなら土づくり、そろそろだなぁと思いだし、 つぐみの畑を振り返ります🍅 2019年、裏庭での畑は親が行っていました。 まわりは土のまま、自然の残る畑。 スーパーで見る「アイコ」とは品種名なのかと知る。 南瓜はいつかの種が毎年芽を出して育ってくれる。うどん粉病によわい。 手前の草はすぎな、つくしと同一草物だと知る。 植物の成長は早い。 気付いたら腰の高さ、身長

            雪と取材

            住んでいるところから、つぐみへは車で移動してるのですが、 この日は朝から大雪。傘さしても顔に、服に、積もるほどの 雪の中歩いてつぐみへ。 着く頃にちょうど晴れてきて。 はーー!思わずキラッキラした顔になった気がします。 雪化粧した古民家。ベンガラ色の壁に、雪積もる瓦。 わたしの気持ちとしては金閣寺に雪が積もったような感覚です。 お庭もすごく見応えありました。 そんな日は、ひょんなことから新聞記者の方に取材していただきました。 こんなに、大きく掲載していただいて、恐縮です

            つぐみでなにしようよ?

            つぐみがある場所は、 田園風景を守るために発展させたらだめです、という市街化調整区域。 かつ、農家さんに住むことが認められた農家住宅。 普通であれば発展しないために規制している地域であって 営業活動ができません。 空き家を活用させるために条件があえば飲食や宿泊に!と 救済策があるのですが、接道面積が狭く条件クリアならず。。 でもわたしは他の古民家では意味がなくて、 この場所でないと意味がないんです。 なんとか、活かす方法があるのではないかと、 古民家再生協会の方と一緒に模

            台所いろいろ

            前回にひきつづき、台所の話題を。 片付いたところで次々と出てくる欲。 この棚がなかったらもっと広々見える? ステンレス?の棚は固かったけどなんとかとれまして、 こちらの棚は ん?? え???なかたさで、、 力づくで勝った!と思ったら破壊してて、ネジ山もだめに。。 DIYは苦手だろうと思ってたけど いやいや、、棚ひとつとれないなんて、、笑 破壊しただけでバトンタッチ。    広々した窓が現れて、光も入るように^^/ . 次の欲は、いつか洗い上げたいと思っていた食器。

            片付け 〜台所〜

            当初は土間におくどさんで、天井壁もなく吹き抜けで梁が見えていた台所。 改装された後の様子しかわたしは知りませんでしたが、 点検口から見える!と教えてもらってのぞいたら、 それはもう、、素敵な空間が広がっていました。 怪しい。笑 いつか、床も天井もなくして元の姿に戻したいなぁと思っています^^ 台所の片付けは、、戸棚の中などは母が片付けてくれていて そこからバトンタッチ。 二階においていあった本やビデオをおろしてきては 床がうまってしまったり 暗さが気になって、食器棚

            もやもやなごみ問題

            明治時代から続いていた瓦焼きは平成8年に廃業して、 それから平成29年に近隣のシンボルでもあった煙突を解体しました。 つぐみの場所を説明すると「あの大きな煙突のちかくね!」と リンクするようで、目印にしていたり、子供さんとよく見に行ったなんて 話を伺う度、あぁぁと解体したことを悔やまれるのでした。 壊すにはもったいないけど、もう使わないし、 大きな地震の後だったので耐震の面でも心配というのが理由でした。 おじぃちゃんの記録によると夜中も火の様子を見に行くので 気が休まる時

            片付け 〜取次の間〜

            背の高い棚2つには本だらけ。 ひとまず出し、まとめます。 数世代分のアルバム。 全部見て知らなかったこと発見しながら分別。 少し隙間できました。 余白が出てきて。 棚の存在が気になる、、いくつものリサイクル業者さんに 引き取り難しいと言われ続けた大きすぎる棚は、 ダイビングで出会ってたまたまリサイクル的なことをやってる知り合いに きてもらったときに持って行ってくれました>< 上下わかれるんだ!と驚き!! しかも、中身の本まで(泣) 一冊ですら重たいのをまとめてひ

            じゃぱとら撮影2日目

            すっかり前回の投稿から1ヶ月、、。 今のことやって、これからのこと考えて、前を振り返っては なかなか難しいですなぁ、、^^; この日は朝から集合でモーニング撮影からしてきました! 【LAPACO】 ら ぱーつぉ と読むそう! ホットドッグからはカレー味がして、関西の常識を知りました、、! 【ひろ季や】 塩豆大福。いい塩加減とごつごつのお豆さん! 【Cafe Le Jerdin pop 】 お野菜やハーブが庭にはたくさん育っていて、 見出したらなかなか中へ入れない楽しいお

            じゃぱとら撮影1日目

            亀岡が特集の2019年11月号。 写真が好きと話していたらお誘いいただいて撮影した機会があったのを、 今年の9月号の表紙にも使っていただいてて思い出しました! 掲載された場所以外にもたくさん訪れたし、 写真もたくさん撮ってたので残しておきたいなと。 2015年に引っ越してきましたが、仕事の日は働いて1日が終わってしまうし 休日は京都市内や遠出したりで、街のこと全然知らなかったんです。 一人暮らしで2年間でて、亀岡に戻ってきたのが2019年。 今度は、つぐみの片付けに休日は

            片付け 〜事務所〜

            まだまだ続く片付け日記。 いったいいくつ部屋あるのよ、、笑 今回は瓦の販売をしていた事務所です。 カーテンや額を外して、使わないであろうものの分別。 なんだかこわいくらいの工具セット。 こんなに必要だろうか、と思いながらもこちらは残しておいた気がします。 大きな窓ガラスは雨戸もなく風雨にさらされてきたので、 取り外して、丸洗いしてみました。 お上品そうなにゃんこが遊びにきました^^ 適当に入っていた瓦の展示スペースも全て取り出して、掃除 ヤモリのふんだらけでした、