■汗びっしょりのマイケルジャクソン
見出し画像

■汗びっしょりのマイケルジャクソン

ようやく、というべきか、マイケルに過剰にクスリを処方した医師に有罪判決が下った。
マイケル関連の記事を調べていて、以下のモノに突き合ったので、それについて。

マイケルは来日の際、東京・永田町にあったキャピトル東急ホテルを定宿にしており、室内でもダンスレッスンがしたいと、ホテルに要望し床にボードを敷いていた。
副総支配人として担当した太田範義・パンパシフィック横浜ベイホテル東急総支配人(61)は部屋のテーブルを取っ払って毎晩ダンスの練習をしていたのを思い出す。
ホテルスタッフは「ボードの上に汗で水たまりができていた」と驚いた。

この件に関しては、大分以前にTVでも取り上げられていたのを憶えているが、僕自身はちょっと懐疑的に思っている。

例えば食事をしていて、お茶をこぼした場合、そのまま食事を続けはしないだろう。

やはり一度中断し、テーブルの液体を拭いてから、また食事を再開するハズだ。
ダンスレッスンに関しても、そうではないだろうか?

濡れたボードの上で踊ってはスリップして危険だし、ましてライブ本番前ならなおさら怪我をする訳にはいかない。

濡れたらその都度、危険のないように拭きとるのではないだろうか。
あと普通のアスリートでも、本番に差し支えるので直前は汗だくになる程のトレーニングはしないと思う。


おそらくなら、ホテルスタッフが来るタイミングに合わせて、水をたらし、「見ろよキミたち、マイケルはこんなにハードにダンスレッスンするんだぜ!」と話題作りをしたかった、或いはホテルスタッフをからかったのではないだろうか?

ホテルスタッフが立ち去った後に「あいつら信じやがったぜ!」とか笑い合ってる姿が目に浮かぶように思う。

でもそれは僕がひねくれているからかであって、マイケルはホントに汗ビッショリでボードの上で踊っていたのかもしれない・・
マイケルならそうするかなぁ・・?

何にしても、あの妖精の動きのような唯一無二のダンスが見られなくなったのはさみしい限りだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!