見出し画像

全開で突っ走ることへの恐怖

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

一昨日、昨日の記事から引き続き、という感じになるのだけれど。

一昨日の記事で、今いちばん欲しいものの話をした。

そして、昨日の記事では、そのためにお金を稼ぐことに誠実になろう、ということを書いたんだけど。

記事を書いたあと、朝食を食べながら妻のあやちゃんとあれこれ話していて、夫婦カウンセリング・セッションみたいになった。

僕は単に「全開で稼がなくても食えてるから、余裕〜」と感じてゆるゆるとやっていたのか?

答えは明らかにNOだ。

そこには恐れがあり、囚われの匂いがプンプンする。

ということは、この恐れを探求して、仕組みを解明してしまえば、また一つ新たにビリーフの解体ができる、ということになる。

ここまで来てしまったなら、解き明かしてしまうしかない!

ということで、自分で深堀りしてみた。

その結果は、結構深いものだっだ。

この続きをみるには

この続き: 2,330文字
記事を購入する

全開で突っ走ることへの恐怖

立花岳志

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
14
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。