「習慣化」と「マンネリ」って際どい
見出し画像

「習慣化」と「マンネリ」って際どい

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

今朝のメルマガにも書いたけど、昨日のツナゲルサロンの月例会はテーマがブログだったのだが、そこで「ルーチン」「習慣」の二つの側面が話題になった。

情報発信の一つの側面として、毎日発信を繰り返す、つまり習慣化は必須である、という考え方がある。

1日3記事なのか、1日1記事なのか、一週間に1記事なのか、頻度は別として、書き続けることは、ブログを成長させるための絶対条件だ。

書くという行為をひたすら繰り返す。

これはもう、習慣化の産物以外の何者でもない。

習慣化が進めば進むほど、書くこと自体への抵抗感というのはなくなり、スイスイと、楽々と書けるようになる。

これは間違いのない事実だ。

これがブログに関する習慣化の一つの側面。

しかし、まったく別の側面の話題が同時に出て面白かった。

この続きをみるには

この続き: 835文字
記事を購入する

「習慣化」と「マンネリ」って際どい

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。