見出し画像

「愛の人」の統合と破滅

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

古くは大学時代、僕は法政大学の英文科にいて、イギリス人教授のゼミを受講していたのだが、そのイギリス人の男性教授から、「お前は現代の日本のスタンダールだ」と言われたことがある。

スタンダールは、墓碑銘に「書いた、愛した、生きた」と描かれた作家だが、僕は当時から親しい友人から「愛の人」と称されることがあった。

そしてあれから30年近い年月がたち、僕は50歳になったが、最近こころの分野の師匠である、あけみちゃんこと岡部明美さんからも、「たけし君は愛の人だよ」と言ってもらえて、ずいぶん嬉しかった。

今年になってから、僕は折りに触れ「ああ、僕は愛の人だなぁ」と感じることが多くて、自覚もかなり強まっていたので、師匠から同じように言ってもらえて、認識が間違っていなかったのが嬉しかったのだ。

この続きをみるには

この続き:1,643文字
記事を購入する

「愛の人」の統合と破滅

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。