見出し画像

大きな区切りの日

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

僕は7月31日をもって、株式会社ツナゲルの社長を退任し、会社を離れた。

でも実際当日は退任の日という感覚はほとんどなかった。

当日は引っ越しの最終日で麻布と六本木の家の退去立会いと、それに先立って六本木の大量の粗大ゴミと不燃ゴミをあやちゃん二人で汗だくになって出したり、docomoショップで携帯の契約を法人から個人に変更したり、麻布の家の退去をしたりしたくらい。

もちろん六本木と麻布の家の退去をしたので感慨はあったわけだが、それは引っ越しに対する感慨であって、社長退任に関する感慨はほとんどなかった。

この続きをみるには

この続き:1,531文字
記事を購入する

大きな区切りの日

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
作家・ブロガー・カウンセラー。ブログNo Second Life運営。六本木と鎌倉のデュアルライフ実践中。noteにはブログに書けない「ライフスタイル」「お金」「パートナーシップ」を中心に有料コンテンツを配信。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。