見出し画像

南大隅町フォトトリップの裏側

昨日RECOにて記事が公開されました!

本土最南端の町 鹿児島県南大隅町へ行こう | RECO

Instagramの南大隅町オフィシャルアカウントを通じて、今以上に町を観光化していこうというプロジェクトなのですが、九州在住のインスタグラマーが何回かに分けてすでにフォトトリップをしているんですね。

そのフォトトリップもファイナルを迎えるということで、南大隅町のアカウントを運営している制作会社さんが関西のインスタグラマーを探していたんです。そこで1回目のフォトトリップにも参加されていて、福岡を中心にご活躍されている栗山さんが自分を推薦してくださったという経緯です。

自分が栗山さんからメールをいただいたのが2月半ばぐらいで、その後すぐに制作会社の方とやり取りをして、もう何日も経たないうちに日程も含めて、ほぼ話が纏まりました。

そこでなんと自分のInstagramがハッキングされちゃいました(泣)

Inatagramサポートからの対応を待っている間、Tuckさんからも電話をいただいて、その時に南大隅町の案件があることを相談したんですね。参加するにあたって、写真データの納品の他に自身のアカウントでの投稿も参加条件に含まれていたからです。制作会社とも、もしこのまま復旧しなかったら他のフォトグラファーを探さないといけない、という話までしていました。

「その案件、RECOで受けましょう。そしたら行けるでしょ!」

この言葉をいただいた時、ものすごく嬉しくて、同時にハッキングされたアカウントも絶対に取り戻さなくてはと思いました。

二段階認証でInstagramの乗っ取り被害を避けよう | RECO

こちらの記事と、Instagramの三島さんの神対応の結果、無事にアカウントを復旧することができ、フォトトリップにも参加できました。

あと、これも裏話なんですけど、当初の予定は4月だったんですね。しかし、ちょうどその週末が雨予報で、自分的には問題なかったんですけどクライアントさんの「すこしでもいい天候状態で写真を撮ってほしい」といご意向もあって、急遽延期となり先月末の決行となりました。結果的にいいサンセットも撮れてよかったですよ。

そんなこんなでの裏側も踏まえて記事を読んでいただいても面白いのかもしれませんね。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
Photogragher & Writer Based in Kyoto
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。