見出し画像

「ボトムギバー」だと言われて。


今が楽しければいい

誰かのために尽くすことや、誰かのために行動することに夢中になった時期だった。一緒に悩んで、苦しんで、それすらも共有し合うことで楽しみながらいろんなことに挑戦していた時期があった。

頑張っていた。

やりたいことだけを全力でやっていた。

気がついたら、今まで持っていたものは崩れ落ちて、今までと違う自分になっていた。

なんとなく、色々と失っている気がしたけど、目の前のことに夢中になれていたからそんなことは気にしていなかった。

人生は今を一番楽しめればいい。

自分の信念がそう言っていた時期もあった。

気がつかなかった

ある時、チームで、他者評価をする機会があった。
口頭ではないが、お互いに他者評価したものを見せ合う機会だった。

そこにある人から書かれていた言葉。

「ボトムギバーに見える。」

つい最近、GIVE&TAKEという本を読んだばかりで意味はすぐに理解できた。

-------------------------

理解はできていた。誰かに与えることが素晴らしい。与え続ければきっと返ってくる。そう書いてあった気がする。

詳しくはこの本を読んで欲しいが、自分の利益を考えるテイカーと、他者に利益を与えるギバーと、自他の利益を考えて行動するマッチャーが世の中にはいる。多くはマッチャーだ。

長い目で見れば成功しているのが、ギバーと書かれていた。一方で、一番損しているのもギバーだと書かれていた。

ギバーにも2種類いる。

一つが先ほどから言っている「ボトムギバー」。もう一方が、「トップギバー」だ。

2種類のギバーの違いは、自分を犠牲にしているか、自分を含めて相手のためにしているか。だ。

ここからも分かるとおり、ボトムギバーはとにかく相手のことだけを考える自己犠牲者だ。

トップギバーは、他者志向で、自分も同時に幸せになれる行動をする。

------------------------------

後ろを振り返ったら崖しかない。何から何まで相手のためを尽くしてきた自分には、一体何が残るんだろう。

そんなことを考えていた。


振り向くのに時間がかかった。気づいていなかったわけではない。

そして悩まされた。一体どうなれば、トップギバーになれるのか。でも、ぶっちゃけわからない。

だって、トップギバーになったことがないから。

どうすればいいなんて

今はボトムギバーかもしれないけれど、
いつかはトップギバーになれるはずだ。

いつなれるかはわからない。無理に焦らなくてもいいから、少しずつギバーできたことを繰り返し、自分を犠牲にしないこと、自分も幸せになれるようなギバーになる方法を理解できるだろうと信じている。

言われたことを自分で受け止めて、足を動かそう。


悩んだ後に切り替えが必要だとかいうが、切替って本当に必要なのだろうか。

切り替えなくていいと思っている。今までの失敗を全部水に流している感じがする。

そんなんじゃなくて、今までの失敗があって、今の自分がいるんだから、切り替えるんじゃなくて、次に向かえばいい。


ボトムギバーだと言われた。だから、どうということはない。

僕は馬鹿だから、言われて理解できても、じゃあどうするなんてことを考えることはできない。

気がついたらうまく行ってることほうが多いから、トップギバーに兆しに気がつくまで、何でもやってみよう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お金ください、、(切実)

僕も好きです!
3
毎日note更新してます! 思ったこと感じたことを言葉にしています。 ○好きなこと ドライブ/旅行/スイーツ/果物/占い/風景/動画/新しいこと 「いいね」「フォロー」に励まされます😌 Twitterもやってます! #名古屋在住 #大学生 #豆腐メンタル
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。