見出し画像

自分でつくって売ってみる

4期生の大賀です。

とあるご縁から、津和野町のおとなり益田市の豊川小学校で「スウェーデントーチを楽しむ」というイベントをやりました。

僕はつくったスウェーデントーチを持ってって燃やすのに加えて、林業のことを少しお話させていただきました。

人前で話すのは今回もグダグダでしたが、言いたいことは言えた気もします。

なによりみなさんトーチを楽しんでもらえたようで、単純にうれしかったです。


つくって売ろうと思ったワケ

スウェーデントーチを自分でつくって売ろうと思ったわけはいくつかります。

木の有効活用、つくるための初期投資の少なさ、トーチの認知度の低さ、なによりトーチの炎の魅力、なんかが理由です。

そこに加えるとしたら、自分でなにか1から商品をつくって、それを1つづつ売っていくような経験が必要だ、みたいなことを思っていました。

スウェーデントーチをつくること自体は、はっきりいって簡単です。

けれどそれを人に売るとなると、

サイズは?値段は?樹種は?仕入れは?パッケージは?着火剤は?焚き付けは?保管場所は?売り方は?支払い方法は?宣伝は?説明書は?ウェブサイトは?

そういうのを1から決めてつくっていくのはけっこう大変。

こんなのは最初から全部計画するのは無理なので、手を動かしながら考えていくしかありません。

↓この形にするまでにだいぶ試行錯誤しました...。

まだまだ課題は山盛りなので、今後も試行錯誤は必要です。

・・・

たとえばどこかの会社につとめていると、会社の製品なりサービスを売ります(僕は以前は畳を売っていました)。

その場合、

仕入れ→製造→宣伝→販売→精算

みたいなのが大まかな流れです。会社員だと、たぶんその一部にしか関わりません。売るだけ、つくるだけ、お金の管理だけ、みたいな。そういう意味ではラクなのかもしれません。

それをひとりでやると、いろんなことを考えなきゃいけないので大変です。けれどそこから得られる学びはたくさんあると思います。

僕は大したスキルもないので、まず出てきた課題を1つづつ、失敗しながらなんとかクリアしていくしかないなーという感じ。

とりあえず、泳げるとこまで泳いでみます。


書いた人:大賀

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援いただいたお金は、重機の修繕や消耗品の購入等、ヤモリーズの活動のために使わせていただきます!

5
島根県の西端に位置する津和野町で、自伐型林業に取り組む地域おこし協力隊のアカウントです。隊員6人がそれぞれの視点から、自伐型林業のことはもちろん日々の田舎暮らしのことなども含め更新していきます。https://tsuwano-yamories.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。