見出し画像

家のうらに生えている竹で「火吹き竹」をつくってみる。

4期生の大賀です。

僕が借りている家の裏には、竹がたくさん生えています。

昨年はたくさんタケノコが採れましたが、今年はぜんぶイノシシに食われてしまいました。

竹はほうっておくとどんどん生えてくるので、ある程度は切って整備しています。

竹を切り捨てるだけでは面白くないので「なにかつくってみるか」と思い、切り出した竹で火吹き竹をつくりました。

(火吹き竹の文字はレーザーカッターで刻印しています)


つくりかた

①節で小切る

だいたい40cmくらい。

②乾燥させる

適当なカゴに詰めて、陰干しして乾燥させます。

③油抜きする

竹は熱すると油分が抜けて、汚れが落ちて光沢がでたり、耐久性が高まったりします。直火や熱湯で油抜きできます。

僕はカセットコンロの直火で油抜きしました。

しばらくあぶれば油が出てくるので、布で拭き取ればきれいな表面になります。

④穴を開ける

火吹き竹のかなめの部分。広げすぎに注意すること。

キリでかんたんに開きます。細いビットがあればインパクトやドリルドライバーでもOK。

⑤ヤスリがけ

息をふきこむ部分を紙ヤスリでけずって、ささくれなどを除去します。

・・・

はい完成。

ツヤが出た竹はとてもきれいでつるつるしています。

竹独特のいい香りがします。

日に焼けるとそのうち白っぽく退色していきます。

自然素材で洒落てます。


つかい方

こんな感じ。とくに説明不要。

焚き火なんかの火を起こすときに1本あれば、とても便利な道具です。

イベントで持っていくと「なつかしー」と言われたりします。昔はどこの家でもつかっていたんでしょうね。

つくるのは簡単だし竹はそこいらに無限にあるので、みなさんつくってみてはいかがでしょうか?


おしまい。


書いた人:大賀

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援いただいたお金は、重機の修繕や消耗品の購入等、ヤモリーズの活動のために使わせていただきます!

3
島根県の西端に位置する津和野町で、自伐型林業に取り組む地域おこし協力隊のアカウントです。隊員6人がそれぞれの視点から、自伐型林業のことはもちろん日々の田舎暮らしのことなども含め更新していきます。https://tsuwano-yamories.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。