TCP独占!柄本佑×金子大地×堀江監督インタビュー
見出し画像

TCP独占!柄本佑×金子大地×堀江監督インタビュー

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』が本日9月10日(金)全国劇場公開されます。

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018にて 準グランプリを受賞した映像作家・堀江貴大氏が脚本・監督を務めた2021年期待作。今回は、本作で漫画家の妻・佐和子(黒木華)に翻弄される夫・早川俊夫を演じる柄本佑さん、佐和子が通う自動車教習所の先生・新谷歩役の金子大地さん、堀江貴大監督をお招きして映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』のウラバナシを独占取材!

本作では、直接交わることのなかったお2人のお互いの印象や、物語の原点にも追及!?また、なんといっても大変貴重な3ショットにも目が離せない盛りだくさんの内容となっています。

画像2

【ストーリー】 
結婚5年目の夏。夫が不倫をした。それはよくある夫婦の出来事、のはずだった・・・ 漫画家・佐和子の新作漫画のテーマは・・・「不倫」
そこには、自分たちとよく似た夫婦の姿が描かれ、佐和子の担当編集者・千佳と不倫をしていた俊夫は、「もしかしたらバレたかもしれない!」と精神的に追い詰められていく。さらに物語は、佐和子と自動車教習所の若い先生との淡い恋へ急展開。
この漫画は、完全な創作?ただの妄想?それとも俊夫の不貞に対する、佐和子流の復讐なのか!?恐怖と嫉妬に震える俊夫は、やがて現実と漫画の境界が曖昧になっていく・・・
爽快?嫉妬?絶句!?みる人の数だけ答えがある!夫婦の数だけ、【事件】がある!

◆非常にウェルメイドな王道のエンターテインメント作品

画像3

――堀江監督、TCP応募の時点で脚本はできていたのでしょうか?

堀江:最初は佐和子と新谷を軸にした不倫ものでした。夫が不倫をしたことへの仕返しとして、自動車教習所に通う妻が不倫をして教習中に駆け落ちする内容だったんです。ただプロットを書いているときに行き詰まってしまって。もう一度、この企画で何をやりたかったのか考えなおしました。そして駆け落ちをする側ではなく、佐和子と俊夫の夫婦の物語を書きたいんだと立ち戻って考えました。脚本については、TCPに応募した時点ではプロットだけでした。一次が企画審査で、二次に脚本とビジュアルイメージの提出があったんです。絶対に通るつもりで、企画に応募した瞬間から書き始めて、ひと月ほどで書き終えました。

――とてもユニークでオリジナリティのある作品です。夫の俊夫さんを演じた柄本さん、佐和子さんと教習所で出会う講師の新谷先生を演じた金子さん、最初に脚本を読まれていかがでしたか?

柄本:監督が、老若男女誰でも楽しめる、喜劇でもあり悲劇でもあり、ミステリーもサスペンスもある、非常にウェルメイドな王道のエンターテインメント作品を作ろうとされているのだなと感じました。

金子:非常にポップな雰囲気で、でも最終的に物語がどうなるのか、最後の最後までわからない佐和子さんと俊夫さんのストーリーを、黒木さんと佑さんが演じたらどうなるんだろうと想像しながら読んでいきました。そこはとても面白かったのですが、僕の演じる新谷に関しては、正直、どう演じたらいいのだろうとすごく悩みました。難しくて直前まで監督とお話しさせていただきました。

◆柄本佑、金子大地、黒木華にキャラクターを委ねた理由

――監督、柄本さん、金子さん、そして黒木さんにオファーした理由を教えてください。

堀江:柄本さんは『火口のふたり』を観たのが自分のなかで大きかったです。あの作品で、瀧内公美さん演じるヒロインがソファをバンバンと叩いて、柄本さんの役がそこに座ったら関係性が進んでしまうという場面での柄本さんのお芝居を見て、俊夫をやってもらいたいなと思ったんです。俊夫として大事なのは、耐えたり我慢したりしている瞬間が笑えることかなと思っていたので。ギリギリまで自分が不倫していることを言えないのが、悲劇でもあり喜劇でもあるキャラクター。それを柄本さんがやったら面白くなるんじゃないかと思いました。

俊夫(柄本佑)

――柄本さん演じる俊夫さんは非常にチャーミングでぴったりでしたが、『火口のふたり』からとは意外です。

堀江:本人はシリアスなんだけど、一歩引いてみるとちょっと笑えるみたいなのがやりたかったのと、笑っていいのか笑っちゃいけないのか、どっちなんだろうと思える瞬間を作りたかったんです。シリアスなのかコメディなのか、どちらとも取れる瞬間を成立させたいと思いました。

――金子さんの新谷先生もとても魅力的で、佐和子さんが惹かれるのも頷けました。

新谷先生(金子大地)

堀江:新谷って、特に前半はずっと車の中に乗っていて、あまり体の動きのないキャラクターなんです。そうしたなかで大事になってくるのは、視線だったり瞳の揺れだろうなと思いました。さらに最初は漫画の中にしか出てこなくて、途中から実体として登場して、より人間らしくなる。そのためには、ちょっとした瞳の揺れがあるとより人間らしくなるなと。金子さんはそうした部分が特に魅力的だと思っていたのでお願いしました。

――黒木さんについてもひと言お願いします。

佐和子(黒木華)

堀江:佐和子はミステリアスで、何を考えているのか分からないところのある女性ですが、怖さだけではなく、美しさがどこかに必要だなと思っていました。劇中で復讐が進めば進むほどに佐和子がより魅力的に美しくなっていく。そう見える人と考えたとき、黒木さんが浮かびました。

◆柄本佑が演じたからこそ出た、俊夫「っぽさ」

画像12

――俊夫さんと新谷先生の乗る車が、路上でニアミスするシーンがありますね。あそこの撮影はどんな感じだったのでしょうか。

金子:あの撮影は割とスパっと終わったんです。なので初号試写で完成した作品を観たときに、想像以上に面白いシーンになっていて驚きました。

柄本:結構時間がかかるのかなと思っていたのですが、おそらく監督の中でカット割りがはっきりしていたのでしょう、すごく早く終わったんです。撮るものを過不足なく撮っている感じで、すんなりと。

――そうなんですね!

金子:柄本さんとは撮影も別々でしたよね。

柄本:非常にシステマチックに進められたシーンでした。だからあんなに長いシーンになるとは思っていなくて、本編を観て僕もビックリしました。

――監督は、俊夫さんが佐和子さんの浮気を疑ってオロオロする姿が、具現化されているのをご覧になっていかがでしたか?

堀江:非常に面白かったです。俊夫が車で教習所に乗り付けて、佐和子を探すシーンで、面白かったのが、近づいてきた車が通過するとき、佐和子が乗っているかどうか確認するために、じ~っと見ていた俊夫が、違う人だったのに気づいた瞬間に、ちょっと会釈をするんです。「凝視しちゃってすみません」みたいな感じで。そこがまた俊夫っぽいんですよね。すごく面白かったです。

金子:佑さんの演じた俊夫って、受けだけれど、すごくチャーミングなんですよね。こそこそして佐和子に隠し事をしているのに、監督がすごく俊夫「っぽい」とおっしゃる通り、佑さんが演じると全部俊夫になるんです。

柄本佑_1

柄本:監督が、圧倒的に俊夫が悪いんだけど、どこか人間臭くて、最終的には「こんなやつならしょうがないな」と思えるような人物にしたいと言っていたんです。撮影しながらちょっとずつ俊夫という人物が出来上がっていきました。特に、終盤でメインキャラクターが佐和子の実家に集まるところで、新谷先生にあることを言われた俊夫が、2階にいる佐和子のところに意を決して向かう場面が、僕はすごく印象に残ってます。みんなで食事をしていたのだけれど、あるひと言で手が止まって、いよいよ佐和子のところに行くんですが、たまたま箸でつまんでいたオクラを、俊夫はしっかり食べてから行くんです。

――あはは。それも「ぽい」ですね。

柄本:監督に「これ持ってるオクラ、食べてから行きます?」と聞いたら、「食べてから」とおっしゃって(笑)。僕もそうだろうと思いました。取るに足らないような日常の動作かもしれませんが、広く見ると、結局そこで「オクラなんてどうでもいい!」とはできずに、処理してから行っちゃうようなやつだから、不倫をしちゃうんだろうなと。いちいち理由付けをして演じていたわけではありませんけどね。でも後になって考えてみると、こんなやつだから不倫するんだなと思いました(笑)。

――ちなみに柄本さんなら、オクラは置いていきますか?

柄本:もちろんです!

堀江&金子:あはは!

◆新谷先生に求められたのは、「現実にいるのかいないのか、分からない感じ」

新谷先生_3

――金子さんは、最初にもお話しされた通り、新谷先生を演じるのはかなり難しかったですか?

金子:新谷は、普段僕が使わないような言葉遣いで話すんです。それを自然に落とし込んで話すのがまず難しかったです。それから運転しながらのお芝居というのも初めてだったので、より集中力が必要でしたね。今話に出たクライマックスでみんなが集まるシーンでは、佐和子さんといるときと、みんなといるときの差みたいなものを出す必要もあったので、これまた難しかったです。

柄本:観てるときには考えてなかったんだけど、こうしてみると、金子くんの演じた新谷って、難しい役だねぇ。

画像12

金子:(笑)。本読みのときに監督に相談したら、「現実にいるかいないか分からない感じでやってください」というお返事で。「漫画の中だけの非現実的な感じの人間像ですか?」と確認したら「いや、それはまた違うんですよね」と。難しかったですが、自分でなんとかしないといけないので、本当に集中していました。

――柄本さんご自身は、佐和子さんと俊夫さんの5年目の夫婦よりベテランです。そして佐和子さんと俊夫さんと同様に、夫婦で同じ職業に就かれています。同じ職業だからこそ感じている良さなどはありますか?

柄本:うーん、別にないかな。あ、でも、たとえば家に台本が置いてあったりして、スタッフさんとかに知り合いが載っていたりすると、「最近会ってないな。よろしく言っておいて」といったことが言えるのはいいですね。大きな括りのなかではひとつの釜の中なので。お互いに共通する仲間がたくさんいるというのは楽しいかな。

画像10

――金子さんは、何か理想の夫婦像はありますか? この作品の夫婦は不倫しちゃってますが。

柄本:不倫しちゃってますからねぇ。

堀江:しちゃってますね(笑)。

金子:(苦笑)。それこそ佑さんのお話しとか聞くと、ステキだなと思いますし、やっぱり仲のいい夫婦がいいですね。

柄本:でも寅さんが「浮気も男の甲斐性よ」って言ってたよ。

堀江:寅さん、結婚してませんから。

柄本:あはは! 本当だ、結婚してない。確かに結婚してない人の意見だった!

◆TCPへの応募を考えている人へメッセージ

画像12

――TCPへの応募からスタートした作品ですが、柄本さん、金子さんが、もしTCPに応募するなら、どんな企画を出したいですか?

柄本:僕は自主映画とか短編とか、これまでにも撮らせていただいていて、少し前にはWOWOWの企画でも短編を撮らせて頂きました。ただこれまで割と登場人物が少ないものばかりだったんですよね。だから、単純に人が多い作品をやってみたいです。エキストラとかじゃなくて、役としてたくさん人が出てくる作品。ひとつの場所にたくさんの人が出てきて話しているものをやってみたいです。

金子:僕は日本版マーベルのような、宇宙でも戦えるようなヒーローものがいいです。「何々マン」みたいな。ちょっとチープな感じがいいかな。ただ僕には監督は難しいと思うので、そこは出来る方にお願いして。主演ではなくてもいいので、企画としてそういうB級のヒーローものの企画を考えたいです。

――ありがとうございました。最後に監督から、TCPへの応募を考えている人にひと言お願いします。

堀江:僕は作りたい映画はあったけれど、それがどうすれば実現できるのか分かりませんでした。オリジナル企画で製作から公開まで、こうしてバックアップしてくださるコンペって、本当にないと思います。TCPへの応募は2回目でしたが、絶対に通りたくて、いえ、「絶対に通る!」と思って出して、貴重な機会をいただけました。作ってみたい企画があるのなら、絶対に応募したほうがいいと思います。

(文・望月ふみ / 写真・矢嶋英幸)

公開日入りポスター

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』
9月10日(金)新宿ピカデリー他全国劇場公開
出演:黒木華 柄本佑/金子大地 奈緒/風吹ジュン
脚本・監督:堀江貴大 
劇中漫画:アラタアキ 鳥飼茜
主題歌:「プラスティック・ラブ」
performed by eill
製作:「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ 
TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018 準グランプリ受賞作品
©2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会
公式サイト:https://www.phantom-film.com/watatona/  
公式Twitter・Instagram:@watatona_2021

現在TCP公式Twitterでは、本作主演である黒木華さん・柄本佑さんお2人の超豪華サイン入り賞品が3名様に当たるプレゼントキャンペーンを開催中!

詳しくはこちら☟


色々な企画に挑みます♪
〜映画ファンに寄り添ったコンペを目指して〜 私たちTCPは”映画ファン”と”製作サイド”を結ぶため、映画製作に携わる様々な情報を発信します!皆さんにとってTCPが”身近な”映画コンペとなりますように。 Twitter→https://twitter.com/tcp_staff