見出し画像

#46 つるん→ウミウシさん(2019/08/22)

ウミウシさんへ

お返事が遅くなってしまいました。
いかがお過ごしですか?
バイト先のお店にも来てくれてありがとうございました。
もう、今月で僕のカレーはおしまいです。
8月が、あっという間に過ぎて行こうとしていますね。
何だか、今日のように風があって適度に暑いのが、本来の夏、自分の知ってる夏であるような気がしました。
今、都心の会社に通っていて、11月からのところを何と9月から正社員になることに決まったので、慌ただしい毎日です。
そうでしたか、折り紙やあやとりはやってなかったですか。いやいや全然謝らないでください。
トリッキーなキャラっていいですね。今度、やってみましょう!笑
僕はウミウシさんの言う通り、どちらかというとシャイで、本好きな子どもでした。
図書館は大好きでした。日曜になると近所の図書館で朝から晩まで本を読んでいるような感じで、大人になった今も、歩きながら読むし、ちょっとコンビニへ行く時でも、文庫本を持っていきます。コンビニの往復で、だいたい3ページくらい読めるものですよ。
いつからヒップホップが好きになったのかは覚えていませんが、昔、クラスの女子にノートを貸したら、Steady&Co.の「春夏秋冬」の歌詞を書かれて返されたのがとても強烈に印象に残っています。何でこの曲だったのかとか、何で歌詞を書いたのかとか、本当にもはや謎です。
でも、ノートに好きな曲の歌詞とか書いたりしませんでしたか?
僕らが中学とか高校の頃って、ケータイを持ってない人が普通にいたし、曲の歌詞を知るには、CDの歌詞カードを見るか、繰り返し聴きまくるくらいしか方法がなかったように思います。音楽に救われ、日々に色をつけてもらい、イヤホンが友達で、という日々がありました。
ウミウシさんがカラオケで歌っていたアジカンは、僕も結構聴いていました。ラジオで「ループ&ループ」とか「電波塔」とか「君の街まで」とか。「ソラニン」までいっちゃうと、聴きまくっていた時期とはちょっと離れてしまうのですが、とにかくラジオで流れた次の日にCDを借りにいって、MDに入れました。青春の頃の話です。
ウミウシさんは、中学や高校の頃は、どんな人でしたか?
僕はちょっとばかり中高時代をやり直したいと思っていて、そういう心残りみたいなものがあるから、「つるん」なんて中高時代のあだ名を今も使っているのかな、って思います。

おはなしごっこの続きです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

低く、重く、そしてどこか鉄の混じったような声。
そうだ、あいつだ!!

そう思ったのもつかの間、屋上が揺れ始めた。
男の姿はどこにもないが、どこかからじっと見つめられている気がする。
足元の揺れに翻弄される姿を、遠くから、いや、ずっとずっと近く、自分よりも近い場所で、見られている気がした。

揺れが止み、立ち上がる。
ポツリ、ポツリ、と雨が降り出す。
そう、明日なんだ。明日、約束をしていた。
ずっと昔の約束を、今、はっきりと思い出した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続き、楽しみにしてます!

としより

前の便りはコチラ
#41 ウミウシさん→つるん(2019/08/08)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございます。サポートしていただけたら幸いです。いただいたサポートは、企画内で使う便箋、参加者へのちょっとしたお礼に使わせていただきます。

「スキ」ありがとうございます!
3
会社員です。「ペーパー・プレーン・レターズ」という、向かい合って紙飛行機を投げ合うように手紙をやり取りする企画をやっています。ぜひご覧くださいませ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。