見出し画像

#42 つるん→なつきさん(2019/08/10)

なつきさんへ

お返事が遅くなってしまいました。
今月からいよいよ会社勤めが始まりました。2年振り、人生2度目のサラリーマンです。以前と業種は変わりませんが、やはり会社が変われば分からないことも多く、毎日苦戦しています。
ただ、知らないことを覚えていく、分からないことを解決していく、きちんと仲間に入っていく、その過程は楽しくて仕方がないです。
今が夏なのもいいタイミングでした。地下鉄の駅から地上に出て、大きな公園の横を通って会社まで歩いています。蝉時雨と、くっきりとした樹木の影の中、いろんなことを考えます。不安なことも、良いことも。でも強烈な日射しに焼かれて、あるものは消え去り、あるものは残り、となんだか夏が頭の整理をしてくれている気がします。余計なことを、考えずに済むというか、とにかく新しい環境で、前を向くための力が首筋から、腕から、鎖骨の少し下あたりから、生まれてくるように感じます。
会社では、割と異質な存在です。以前勤めていた会社のメンバーが多く在籍するというちょっと変わった事情もあり、そのメンバーに呼ばれていわゆる鳴り物入りで入社してしまいましたから。「チームカラーが黒の集団の中で、自分だけ赤いユニフォーム」という状況と少し似ているかもしれません。でも、その方が僕には合っていて、さぁ、今日から君もここの一員だよ、と黒のユニフォームを渡されるより、ひとまず赤いユニフォームで行って、違う動きをしながら、チームの中にフィットしていく、回路をつないでいく、外付けハードディスクみたいにやっている方がやりやすいです。その代わり、相手のことを深く理解して、いや、理解というとおこがましいけど、人の話をちゃんと聞いて、自分のこともちゃんと話して、というのが人一倍大切になってきます。黒いユニフォームに着替えられないのかと言われればそうでもないので、またちょっと違う話かもしれないですけどね。
まぁ、とにかく、新しい環境で、不安ながらもへらへらとやってるわけです。昔はそれが出来ませんでした。とにかく物怖じする、緊張する、遠慮する、悪い方にばかり考える。いつから変われたのか分かりませんが、やっぱり一ヶ所にとどまらないでいろんな場所でいろんな人と会ってきたのが良かったのかな、と思います。なんだか、いつでも、笑っていられるんですよ。
その内、会社の名刺をもらうと思うのですが、その前にセカンド名刺を作っておこうかなと考えています。自分が何者であるのか、それをじっくり考えてみたいと思います。難しい問いではありますが。
今夏は、なつきさんも僕も、植物にならいましょう。日の光を浴びて、水を飲んで、栄養をとって。感情が追いついてこなかったり、逆に感情に追いつけない時は、シンプルにしてしまう。夏を乗り切って、「よくやったね」って自分に言えたら最高です。
日光、水、栄養。
35度を超える東京には、これだけで立ち向かえます。

としより

前の便りはコチラ
#30 なつきさん→つるん(2019/07/09)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございます。サポートしていただけたら幸いです。いただいたサポートは、企画内で使う便箋、参加者へのちょっとしたお礼に使わせていただきます。

「スキ」ありがとうございます!
3
会社員です。「ペーパー・プレーン・レターズ」という、向かい合って紙飛行機を投げ合うように手紙をやり取りする企画をやっています。ぜひご覧くださいませ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。