【公演情報】「秋の大文化祭!」2021
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【公演情報】「秋の大文化祭!」2021

弦巻楽団がお届けする、秋のお祭りが帰ってくる!

2021年は、4作品をお届けします!
各演目、完全入れ替え制!
東京からビッグゲストもお呼びする豪華ラインナップです!

弦巻楽団#36 3/4『死にたいヤツら』

画像1

心地良い昼下がり、竹本家の居間には亡くなった大学教授である主人・竹本信盛を偲び、親交のあった面々が集まっていた。
残された妻、その妹、同僚の大学教授、教え子の女子大生、その恋人、そして家政婦…。思い出話に花を咲かせる彼らのもとに、信盛の「遺言」を預かったと言う弁護士が現れ、信盛の遺産を相続するべき「愛人」を探していると告げる。ショックを受ける妻をかばい、初めは愛人の存在を否定する一同だったが、残された遺産の額を聞いて次々と暴露する。
「実は私です!」
遺言を相続できる愛人とはいったい!?

「遊戯祭06」最優秀賞、「札幌劇場祭 TGR2006」大賞、札幌演劇シーズン2015-夏に参加し韓国公演も果たした劇団代表作を、劇団員だけでリメイク!!

脚本・演出
弦巻啓太

出演

木村愛香音、相馬日奈、島田彩華、阿部邦彦、佐久間泉真、イノッチ、柳田裕美

日時
11月27日(土)16:30
11月28日(日)14:00
※開場は開演の30分前。

料金
一般 2,000円
学生 1,500円
※当日券は+500円

チケットご予約
オンライン予約フォーム(https://www.quartet-online.net/ticket/shinitaiyatsura2021

チケットご購入
・エヌチケ(https://www.ticket.ne.jp/nt/)
・ローソンチケット(Lコード:18240)
・道新プレイガイド
・札幌市民交流プラザチケットセンター

【訂正とお詫び】フライヤーにて、「道新プレイガイド・札幌市民交流プラザチケットセンター 手数料10%」との表記がございますが、これは誤りです。お詫びして訂正いたします。手数料についての詳細は、道新プレイガイド公式サイトをご参照ください。

スタッフ
照明:秋野良太(祇王舎)
楽曲:橋本啓一
音響:山口愛由美

TGR 札幌劇場祭2021 大賞エントリー作品


演技講座 第2学期発表公演×2

弦巻楽団が2013年より開講している演技講座。2021年第2学期受講生による、高校演劇名作戯曲に取り組む2演目を上演します!

画像7

水曜クラス『幽霊部員はここにいる』
無気力・無関心が蔓延する今どきの高校で、唯一熱くなって、浮き上がっていた演劇部の4人組が、見学に行った全国大会の帰りに、交通事故で死んでしまう。文化祭を明後日に控えて、やりたかった劇を何とか上演しようと、幽霊になっても熱い4人組が、幽霊部員たちを、だまして、誘って、説得するが……。

脚本
田上二郎

演出・指導
弦巻啓太

出演
秋山航也、井原陽菜、佐藤寧珠、堂坂萌恵、長澤小春、藤谷日菜、宮脇桜桃、村瀬真奈、望月綾香

日時
11月27日(土)19:00
※開場は開演の30分前。

スタッフ
音響:村瀬真奈
照明:井上ほのか


画像8

日曜クラス『修学旅行』
青森県のとある高校の修学旅行、平和学習も兼ねて行き先は沖縄。
いよいよ最終日という晩、同じ班の5人の少女達の心の中で燻っていた不満が一挙に爆発する。

脚本
畑澤聖悟

演出・指導
弦巻啓太

出演
秋葉ちよ、伊藤優希、大川美希、岡崎友美、佐藤かなん、高橋友紀子、田村俊斗、藤田恵未、山下朱音、吉井裕香

日時
11月28日(日)11:00
11月28日(日)17:00
※開場は開演の30分前。
※1回目と2回目では、役を入れ替えたキャスティングで上演。

料金
一般 1,000円
学生 500円
※予約・当日ともに

チケットご予約
・水曜クラス https://www.quartet-online.net/ticket/bunkasai-kouza-wed
・日曜クラス https://www.quartet-online.net/ticket/bunkasai-kouza-sun

※演技講座の公演は、前売券の販売はありません。ご予約か当日券のみでの取り扱いになります。


Pityman『おもいだすまでまっていて』

画像8

母はもう八十歳なのにとても元気だ。親子三人でやってきた東京観光。 自分が食べたいといった蕎麦に箸もつけずに母は夜景を眺めている。早く食べろと怒る妹。 私はそれが可笑しくて仕方ない。この旅をいつか思い出すだろう。あの日のことを思い出すように。

代表と交流深い、東京を拠点にする実力派劇団Pitymanによる上演です。

脚本・演出
山下 由(やました ゆう)
Pityman主宰。脚本・演出を担当。広島県出身。
一年間の演出助手経験を経てオーストラリア、ロンドンへの短期演劇留学をする。帰国後、2011年にPitymanを旗揚げ。2作目以降のすべて作品の脚本・演出を担当する。繊細な日常描写、ドライでありながらもさみしさを抱える青年たちを会話劇で描き、モザイク的に出来事や、やりとり、シーンなどを切り取り合わせ、小さな部屋の片隅の”なんでもなさ”から世界を照らしだそうとしている。

若手演出家コンクール2013、2014年2年連続優秀賞受賞。
第8回せんがわ演劇コンクール劇作家賞受賞。
門真国際映画祭2019舞台映像部門優秀作品賞、最優秀編集賞受賞。
MITAKA”Next"selection21st選出。

日時
11月26日(金)19:00
11月27日(土)14:00

料金
一般 2,000円
学生 1,500円
※当日券は+500円

チケットご予約
・オンライン予約フォーム(https://www.quartet-online.net/ticket/tsurumaki-pityman

チケットご購入
・エヌチケ(https://www.ticket.ne.jp/nt/)
・ローソンチケット(Lコード:18241)
・道新プレイガイド
・札幌市民交流プラザチケットセンター

TGR 札幌劇場祭2021 大賞エントリー作品

出演

江原パジャマ

画像3

内藤ゆき

画像4

新井雛子

画像5

▼現在公開中のPityman過去作品映像

▼東京公演も開催決定!詳細は Pityman公式サイトをチェック!


◯ ◯ ◯

タイムテーブル

2021年11月26日(金)〜28日(日)

26日(金)19:00 Pityman
27日(土)14:00 Pityman
     16:30 死にたいヤツら
     19:00 演技講座水曜クラス
28日(日)11:00 演技講座日曜クラス
     14:00 死にたいヤツら
     17:00 演技講座日曜クラス

会場

サンピアザ劇場
〒004-0052 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-2
TEL / FAX 011-890-2458 (対応時間 平日10:00~17:00)
JR新札幌駅より徒歩3分、地下鉄新さっぽろ駅より徒歩2分

スタッフ

制  作:弦巻楽団
制作協力:ダブルス
主  催:一般社団法人劇団弦巻楽団
共  催:㈱札幌副都心開発公社

新型コロナウイルスへの対策について

劇場と常に協議し、最新の新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインに従った対策を行い、上演します。
ご来場のお客様におかれましても感染防止対策へ向けての対応についてご理解、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ
一般社団法人 劇団弦巻楽団
メール:tsurumakigakudan@yahoo.co.jp
電話:090-2872-9209​


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
札幌を拠点に活動する劇団・弦巻楽団です。公演情報のお知らせや稽古・ワークショップの活動の様子、私たちが演劇現場で大切にしていることなどを発信する「楽団日記」などを投稿しています。