見出し画像

「wevox values card」は夫婦間の価値観共有にも効果的!?

①「夫婦だから言葉がなくても分かり合える」という幻想

結婚して1年3ヶ月がたった。一般的には、まだ「新婚」なのかもしれない。ただ、結婚年数に関係なく、パートナー同士の理解は大切だ。「あうんの呼吸」という言葉もあるが、感覚ではなく、言葉で理解している方が良いこともある。価値観がその1つだろう。一緒にいるからこそ、なんとなくで終えてしまっているところを、言語化することで、お互いの理解が深まる。


②価値観共有のためのワークを妻としてみた

株式会社アトラエ様の「wevox values card」を参考にして、価値観共有をしてみようと考えた。(残念ながら、在庫なしのため、購入は見送り。)

そこで、価値観を知るための言葉リストをもとに実施することにした。

ワークの流れは少しアレンジしてみた。

1.相手が大切にしている価値観を予想して上位・下位5つを選ぶ

2.自分が大切にしている価値観を上位・下位5つ選ぶ

上記、1.2を個人ワークとして実施後、選んだ理由を含め2人で共有。自分の価値観をただ伝えるだけでなく、相手の価値観が自分にはどう映っているのか、その認識はあっているのか、というズレを見つける狙いもあった。


③ワークの結果

▼ぼくの選んだ価値観 と 妻の予想

画像1

▼妻の選んだ価値観 と ぼくの予想

画像2

共通項は「本物」。夫婦そろって熱くるしい。笑

妻が説明してくれて、「認める」「共感」は似て非なるものだと理解できた。「共感」は、自分も同じように感じたとき。でも「認める」は、たとえ相手に共感できなかったとしても、無条件でその意見を認める、というニュアンスだった。これは新しい発見。

そして僕が大切にしている価値観として、「つながり」を妻も選んでくれているあたりは、一番近くで見てくれているからこそだと感じた。(選んでくれて嬉しい、という感覚にもなれる。)

一方、僕にとって「刺激」「情熱」はもちろん大切にしたいが、「輝き」を目指していれば、自然と湧いてくるものだと捉えている。妻からすると、「情熱」は欠けることが多いから意識してもつようにしている、という思考の順序の違いも見えてきた。


⑤さいごに

「価値観理解を深めるために、研修プログラム作るわ」と妻に伝えたところ、「いいじゃん〜楽しそう!」と即答してくれたことで実施できた。こんなことに付き合ってくれるパートナーでよかった。参考にしたwevox自体は企業・組織におけるチームビルディングなどで実施されることが多いようだが、「家族(パートナー)」においても、効果があると感じた。

ワーク自体は1時間ほど。たった1時間であれば、どんな人でも時間をつくれるはず。夫婦・カップルには、面倒と思わずぜひ一度やってみてほしい。70億人の中から奇跡的に出会えた、世界に1人のパートナーなのだから。

吉田達揮
Instagram:@tatsuki_20

画像3

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
吉田達揮 ★ 妻スタグラマー

最後まで読んでくださり、ありがとうございます! いただいたサポートは、妻へのプレゼント貯金として大切にさせていただきます。

嬉しいです!!
23
結婚を機に、Instagramで妻との日常を投稿する「妻スタグラマー」をはじめる。「パートナーを大切にする人で世界が溢れますように」という想いのもと、考え方・在り方について発信中。◆2018.07.07入籍/大阪で妻と2人暮らし◆Instagram:tatsuki_20