見出し画像

ラジオ配信という選択肢

年始の目標で「言語化」を挙げました。

そして、そのなかのひとつに「動画制作チャレンジ」があります。これはやりたくてやり方も調査済み。

これはこれでやりたいのですが、先日「stand.fm」というアプリのことを聞きました。

手軽に誰でもラジオ配信できちゃうというもので、使いやすいそう。

もうこの臨時休校(現時点ではまだお知らせないけれど延長の予感がしてきた)のためにストレスフル。

引きこもり大好きっこですが、ひとりではなく娘と引きこもりなのでつらい。しゃべる機会がただでさえ少ないのに、さらに減った。さすがにつら。

というわけで、家に1人という合間をぬって、ちょっとやってみることに!

…ところが肝心のアプリがダウンロードできないという(笑)(これに限らず数日前からアプリのダウンロードができない…なぜ)

なので、ひとまずボイスレコーダーで撮ってみたら、いろいろ気づいたのでまとめます!

画像1

ボイスレコーダーで撮って気づいた良かったことや改善点は4つ。

1.頭の整理ができる
まず、決めたテーマと伝えたい相手を決めて、しゃべる内容をばばばっと箇条書きにしました。それを見ながらしゃべったのですが、実際しゃべってみると「この順番のほうが伝わりやすい」「ここは具体例がほしい」など気づきました。
そうすることで自分の頭の中も整理されます。
人前で話す訓練にもなるな。

2.理解できていない部分を知れる
いまいち理解できていない部分は、どうしても棒読みに。自分が理解できていないことは人に説明できないことを痛感しました。
これは聞き手にもバレる。

3.理解しやすいのは動画かな
今回のテーマが「国語」というか「ライティングするうえで知っておいたほうが良いこと」だったので、聞くだけじゃ理解しにくいかもなと思いました。それかラジオ×ブログもいいな。

4.たまに意識して声出すのって大事
「人に聞いてもらう」となると、聞き取りやすくなるよう意識してしゃべります。撮り終えるとなんだかすっきりしました。
カラオケで発散するのと同じ感じ。

総評:これは良さげ。

画像2

アプリがダウンロードできない謎はありますが、継続してやってみたいなと思いました。

発信することは、「日本語」とか「国語」の話かな…ライターさん向けかな…雑学っぽくもなるかな…なんてゆるゆる考えています。

「ライティング×校正×国語」みたいな。

同じ日本語を扱う仕事ですが、けっこう正解というか「良し」とされているものに違いがあります。こっちでは良いけど、あっちとしてはよろしくないなんてことがしばしば。
(テスト採点や作文添削をしているので国語にも関わっているのです)
私自身とまどったことも多いので、それを発信していこうかなと。
需要があるかは謎ですが、知っておいて損はないかも~な感じです。


あ~新しいことやってみるの楽しい!
楽しいことやって、やる気スイッチ押します! がんばれ私!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら、とてもうれしいです! いただいたサポートは勉強代にさせていただきます。本いっぱい読みたい!

え? いいんですか?
7
ライターとして、校正者として、母として、妻として、ひとりの人間として、日々の気づきを言語化していく雑記帳。子どもは2人(小3娘・6歳息子)。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。