見出し画像

【月吠えライタースクール】2019年10月~始まります!


【最初に】

フリーライターとは何とも不思議な職業です。なるために、経験も実績もコネも必要ありません。資格もお金も不要。

学生も社会人もフリーターも、主婦もお年寄りも、ニートも引きこもりも生きづらさを抱えている人も、パソコンとケータイと名刺とICレコーダーさえあればフリーライターになれます。

テクノロジーの発達により、場所を選ばない働き方が可能になったため、住んでいる場所が都会か地方かもさして重要ではありません。

誰もがライターとしてお金を稼いだり、自己実現したり、社会の役に立ったりすることが十分に可能なのです。


”フリー”というだけあって、最大の魅力は自由なこと。会社に所属していると、したくない仕事もしなければいけませんし、好きでもない上司の言うことも聞かなければなりません。

かつての僕もそうでした。会社が僕に求めていたのは、効率や生産性でした。楽しいとかつまらないとか、したいとかしたくないとか、好きとか嫌いとか、そういった感情が入り込む余地はまるでなく、僕は与えられる仕事をただただこなし続けました。


フリーライターになった現在は正反対です。「好きなこと・したいこと」「僕がすべきこと」「僕にしかできないこと」を軸に企画をつくり、取材やインタビューをし、記事にしています。

そして多くの人に読んでいただき、さまざまな感想を頂戴しています。自分が主体的に携わった仕事が、賛否含めて人から評価されることは、責任や怖さも伴います。しかし同時に、血沸き肉躍るような、「生きている実感」を強く感じられます。これは会社員時代にはなかった感覚です。

それだけではありません。フリーになった当初、会社員という安定を失った不安はありましたが、結果的に収入は以前の3倍に増えました。何のことはない、「自分らしさ」が武器になり、価値を生み出してくれたのです。


もちろん、フリーライターになったからと言って、誰もがすぐに自己実現できるとは限りません。仕事にありつけなかったり、低賃金で酷使されたり、書きたくもないことばかり書かされている人もいます。

違いは何でしょうか?

キャリアや才能なども影響しているでしょう。けれどそれ以上に大事なのは、「目標」「戦略」をきっちり定め、「ひたすら行動する」ことだと僕は確信しています。 

なぜなら僕自身が、そういったやり方で全くのゼロから著書を2冊出版し、したいことをしつつ、年収800万円超のフリーライターになれたのですから。

「お前が特別なんじゃないの?」
そう思われるかもしれませんが、謙遜でも何でもなく、僕は至って平凡な男です。テストの成績は常に中くらい。誰にも負けない専門分野もなければ、波乱万丈な人生経験もありません。

「じゃあ、業界にコネがあったのでは?」
僕は極度の人見知りで、初対面の人と話すのが苦手です。大勢の人が集まる場所などもってのほかなので、コネも人脈もなければ友達も少なく、いつもボッチで行動しています(自慢できることではありませんが……)。


ただそんな僕だからこそ、「僕にでもできたのだから、誰にでも必ずできる」と自信を持って、「好きなこと」を生かし、「そこそこ稼げる」ライターになるためのノウハウをお伝えできるのかなと思っています。

売込みの仕方、コネの作り方、収入を上げる方法など、他の講座ではあまり教えない、けれどライター志望の方がきっと知りたいことも全てお伝えしていきます。それも、限られた人しかできないのではなく、誰もが実践できる具体的なやり方で。


ただし、先に申し上げておくと、即効性はありません。最新のダイエット理論を学んでも、食事制限や運動を実践しないと痩せられないように、決意を持って主体的に未来を築いていく必要があります。

逆に言えば、どなたも自分次第で、必ずライターとして自己実現できます。これまでは関係ありません、大事なのは「これから」なのですから。あなたも必ず、フリーライターになれます。

月吠えライタースクール 肥沼和之


【こんな方にお勧めです】

・ライターになりたいけれど具体的にどうすればいいのか分からない方
・本業の傍ら、副業としてライターを始めたい方
・時間や場所に捉われず、ライターとして収入を得たい方
・様々な理由で家から出られないという方
・不登校などで、将来の生き方に不安を抱いている方
・好きなことや得意なことを生かして働きたい方
・ゆくゆくは自分の本を出版したい方
・他のライター講座に行ったら講師の自慢話ばかり聞かされた方


【講師紹介】

肥沼和之(コエヌマカズユキ)
ジャーナリスト・フリーライター
1980年東京生まれ。大学中退後、小説家を志すも挫折。広告代理店に入社するもクビ同然に退職。コネも実績もない中、ひょんなことからライターになり年収800万円超へ。著書に「フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。」などがある。

画像1



【講義内容】

全12回(月2回×6ヶ月)(第1期)
・知っておきたいライター業界の基礎知識
・ゼロからライターデビューする方法
・ライターに必須の「企画力」を磨くには
・誰でも実践できる「文章力」アップの方法
・「インタビュー・取材交渉」の技術
・ライターとして年収アップするためには
・押さえておきたいSEOやWEBマーケティングの知識
・ライターとしてのキャリア、将来をどう見つけ実現するか
・卒業制作の講評、表彰
※そのほか、ゲスト講師(全3名を予定)による講義も行います
※講義内容は変更の場合もあります


【ゲスト講師】

①12月6日 

画像6

画像7


②1月24日

画像4

 

画像5


③3月6日

画像7

画像2


【講義時間】

19~20時(毎月第1・第3金曜日)

※10月は第3・第4金曜日、1月は第2・第4金曜日

※カレンダーはコチラからご確認ください


【授業開始日】

10月18日(金)


【募集締め切り】

10月16日(水)


【開催場所】

新宿・全国
※新宿の会場での受講もしくは動画、生放送でのオンライン受講が可能です
講座の内容は講義日から数日以内に映像で配信されます
受講生はバックナンバーの視聴が可能です


【特典】

特典その1〜「『月吠え通信』で記事を執筆できます」〜

講座内での成績優秀者には、弊社が運営するWebメディア『月吠え通信』にて、記事の執筆をするチャンスが与えられます。「無料のインターン」などではなく、しっかりと原稿料をお支払いするので、より実践的に「ライターとしての案件」に携われて、未来へつながる実績も積むことができます。


特典その2〜「オリジナルコンテンツ」〜

受講生全員に、月吠えライタースクールだけのオリジナルコンテンツをお送りします。内容は、現役の編集者たちに「使いたくなるライターとは?」をテーマにして行ったインタビューとなっております。コンプライアンス抜きに「ここでしか聞けないぶっちゃけ話」を語ってもらっています。


特典その3〜「LINEによる個別サポート」〜

開講期間、受講生の皆様を対象に月吠えライタースクール公式LINEアカウントを使用した個別サポートを行います。講座内で分からなかったことや、ライターとしての活動全般についての悩み、質問、何でもお答え致します。

また修了後も、受講生限定のFacebookグループを通じて、交流や情報交換の機会を提供します。


特典その4〜「ライター本の企画書」〜

講師・肥沼の著作である『フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。』の企画書を、本人による解説付きでプレゼント致します。一般の方が本の企画書を目にする機会は滅多にないと思います。ライターや作家にとって、本の企画書を公開することは、まさしく「種明かし」になってしまうので、進んで見せようとする方はそうそういません。

ですが、今回は講座に来てくださる皆様に「企画の作り方」を知って頂くために、特別に公開することにしました。当然、公開厳禁です。自著の出版を目指したいという方には、できる限りのアドバイスもいたします。


【費用】

月額7000円(税別)


【応募方法】

writerschool@moonbark.netにメールをお送りください。折り返し、ご登録手続きに入らせていただきます。
件名に「お名前」「入校希望」と入れて頂けると、非常に助かります。お問い合わせも気軽にどうぞ。


【退会について】

退会を希望する場合は、次回の講義開始日までのご連絡をお願い致します。

講義日終了後のご連絡の場合、動画の視聴状況に関わらず、受講料をお支払い頂きます。また、月吠えライタースクールは特定商取引上の特定継続的役務提供に該当しないため、クーリングオフ制度は適用されません。講義の受講、動画の視聴、課題の提出、その他サービスの利用状況に関係なく、退会日までの受講料が発生致します。受講生都合による退会の場合、返金は受け付けておりません。

退会のご連絡は、メールまたは公式ラインアカウントへの連絡で承っております。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32
新宿ゴールデン街にある日本一敷居の低い文壇バー「月に吠える」。そこが開催するライタースクールの情報を載せています。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。