月吠えライタースクール

新宿ゴールデン街にある日本一敷居の低い文壇バー「月に吠える」が開催するライタースクールの情報を載せています。

月吠えライタースクール

新宿ゴールデン街にある日本一敷居の低い文壇バー「月に吠える」が開催するライタースクールの情報を載せています。

    最近の記事

    ライタースクールは詐欺なのか?(コエヌマ)

    この記事は、月吠えの別アカウントで以前に投稿した記事です。本アカウントでも、ライターの方向けの記事の需要が多いと感じたので、編集して投稿します。 2019年10月に、とあるライターがこのようなツイートをした。 月に吠える もライタースクールを主宰しているが、それは意義もニーズもあると信じているからだ。実際、受講いただいた方々にアンケートを取ると、満足したという声がほとんどで、やってよかったとつくづく思う。 ただ、同氏の意見には必ずしも反対ではない。 僕自身、大手ライタ

    スキ
    3
      • ライター基礎コース 第2期終了しました

        今年4月からスタートした月吠えライタースクールの第2期。コエヌマコースが、全12回の最終回の収録を本日行いました。 合計31名もの生徒さんに恵まれた第一期。その勢いのまま、次は50名は超えるのでは? などと思って第二期を募集した矢先、新型コロナウイルスが蔓延しました。結局、講座はすべてオンラインに切り替え、生徒さんの数は第一期を大幅に下回りました。 開始したばかりで、スクールとしての運営ノウハウの蓄積が少ない月吠えライタースクール。ゴールデン街流の接客を踏襲し、アナロ

        スキ
        3
        • 「タイトル」に特化した新講座がスタート!

          講談社「マネー現代」「現代ビジネス」編集部の滝啓輔さんによる、オンラインでのタイトル講座がスタートします! 記事が読まれるかどうかは、タイトルにかかっていると言っても過言ではありません。ウェブメディアの最先端で活躍中の滝さんが、タイトルづけのノウハウを惜しみなくお教えします。 ライターや編集者はもちろん、ビジネスパーソンやブロガー、インフルエンサーの方にも役立つこと間違いなしです。 ____________________ ◎受講費 15,400円(税込) ◎講義

          スキ
          5
          • 【講師コラム・第9回】伝え方の大切さを書いてみる

            現在、開講中の月吠えライタースクール第2期。講座を受け持つ講師陣がコラムを連載します。第9回は、「【未経験・初級者向け】ライター基礎コース」を担当する肥沼和之です。 「伝え方が9割(ダイヤモンド社)」という本が、数年前に大ベストセラーになった。もちろん僕も読んだ。内容は、相手に届けたいメッセージがあるとき、伝え方を工夫するだけで、望む結果が得られやすくなる、というもの。 (うろ覚えなので若干異なるかもしれないが)例えば相手をデートに誘いたい場合、「デートに行きませんか?」

            スキ
            3
            • 公式ホームページが完成しました!

              月吠えライタースクールのホームページが完成しました! これまで講座の詳細やお申し込み方法などnoteに記載していましたが、HPからより見やすくご覧いただけます。 【月吠えライタースクール公式HP】 https://writerschool.moonbark.net/ また、各コースの詳細ページもHP内に設けております。リンクを張りますので参照ください。 * * * 【未経験・初級者向け】ライター基礎コース 超・実践的な“生きた”ノウハウ・方法論 講師:肥沼和之

              スキ
              3
              • ライターは「時間や場所にとらわれず働きたい」を実現できる フリーライター・名久井梨香さん

                カレーやサッカー関連の記事作成を得意とするフリーライター・名久井梨香さん。昨年からオーストラリアに拠点を移したが、直面したのが新型コロナウイルス騒動だ。多くの外国人が仕事を失い、母国へ帰らざるを得ないなか、名久井さんは現地に残り続けている。時間と場所を選ばずに活躍できる、ライターとしてのスキルを持っているからだ。この時期にライターを目指す意義について、寄稿してもらった。 2020年3月、未曾有の事態だ。 世界各国で新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)が広まり、不

                スキ
                9
                • 僕たちが【オンライン講義】に込めた思い

                  「ライター講座をしよう!」 そんな構想が立ち上がったのは、2019年8月ころでした。当時、僕(コエヌマ)はジャーナリストとしてそこそこ忙しく活動していましたが、一方でモヤモヤも抱えていました。 やりがいや使命感を持って記事を書いていた半面、”時間とスキルを切り売り”するような仕事もしていました。条件が悪くないとはいえ、お金と引き換えに、大事な何かを消耗しているような感覚に陥っていたのです。 ジャーナリストとして、“自分がすべき仕事”に注力したい。では、既存の仕事を辞

                  スキ
                  8
                  • 【講師コラム・第8回】酒場で学んだ、ライターとして 人としての生き方

                    4月にスタートする月吠えライタースクール第2期。その開校に合わせ、講座を受け持つ講師陣がコラムを連載します。第8回は、「【未経験・初級者向け】ライター基礎コース」を担当する肥沼和之です。 2009年からフリーのジャーナリストとして活動を始めた僕は、2012年にゴールデン街でバーを開いた。物書き業が安定してきたので、新しいことを始めたかったのが理由だ。ディープなこの街で、面白い人やネタと出会えるのでは、という魂胆もあった。 実際、たくさんの出会いがあり、数えきれないほどの経

                    スキ
                    4
                    • 【講師コラム・第7回】なんでラリー遠田っていう名前なんですか?

                      月にスタートする月吠えライタースクール第2期。その開校に合わせ、講座を受け持つ講師陣がコラムを連載します。第7回は、「専門特化型ライターで稼ぐ技術」を担当するラリー遠田さんです。 「なんでラリー遠田っていう名前なんですか?」という質問は100回以上聞かれている。で、聞かれるたびに困る。特に深い理由はないからだ。意味もこだわりもない。 あえて言うなら、ライターをやるときに本名だと何かと面倒だろうから、ペンネームを付けたいというのがあった。当時の私の認識では「ナンシー関」とか

                      スキ
                      5
                      • 【講師コラム・第6回】河崎環のヒト暴れ120日間in立教

                        月にスタートする月吠えライタースクール第2期。その開校に合わせ、講座を受け持つ講師陣がコラムを連載します。第6回は、「実戦WOMANウェブライティングコース」を担当する河崎環さんです。 河崎さんは立教大学でライティングの授業をなさっていて、今回の開校にあたって、実際に授業を受けていた学生さんが「推薦文」を寄稿してくださいました。 河崎環のヒト暴れ120日間in立教 コラムニスト・河崎環。20年以上もの間ウェブで文章を書き続け、現在もなお第一線で活躍し続けている。そして、こ

                        スキ
                        6
                        • 【講師コラム・第5回】河崎環、素顔でのプロレス、生徒目線

                          月にスタートする月吠えライタースクール第2期。その開校に合わせ、講座を受け持つ講師陣がコラムを連載します。第5回は、「実戦WOMANウェブライティングコース」を担当する河崎環さんです。 河崎さんは立教大学でライティングの授業をなさっていて、今回の開校にあたって、実際に授業を受けていた学生さんが「推薦文」を寄稿してくださいました。 河崎環、素顔でのプロレス、生徒目線 学生との正面切ったプロレス 基本的に、河崎先生の授業はいつも「河崎ワールド全開」なものがほとんどでした。

                          スキ
                          7
                          • 【講師コラム・第4回】「これ、おかしくね?」に気づけるか?

                            4月にスタートする月吠えライタースクール第2期。その開校に合わせ、講座を受け持つ講師陣がコラムを連載します。第4回は、「【未経験・初級者向け】ライター基礎コース」を担当する肥沼和之です。 物書きになってからしばしば、取材やイベント出演などの依頼をいただくようになった。謙遜でも何でもなく、僕は人としてもライターとしても凡庸だと思っているので、お声がけしてくださるのは非常にありがたいことである。条件はあまり気にせず、基本的にお受けさせていただくのだが、「ふざけんな!」と激怒しな

                            スキ
                            3
                            • 【講師コラム・第3回】寸芸の青い春

                              4月にスタートする月吠えライタースクール第2期。その開校に合わせ、講座を受け持つ講師陣がコラムを連載します。第3回は、「専門特化型ライターで稼ぐ技術」を担当するラリー遠田さんです。 お笑い評論家、お笑いに関することばかり書いているライター、という仕事をやっていると、初めて会った人によく質問されることがある。 「芸人になろうと思ったことはないんですか?」 かれこれ100回以上は聞かれていると思う。答えを言うと、私自身は芸人になりたいと思ったことは一度もない。そんなにみ

                              スキ
                              10
                              • ゴールデン街アカウント作りました!

                                このライタースクールアカウントとは別に、新宿ゴールデン街を舞台にしたノンフィクション・コラムを発信していくアカウント「プチ文壇バー月に吠える」を作りました! 記事は有料のものが中心になるのですが、よければぜひフォロー&ご購読お願いいたします! 【プチ文壇バー 月に吠える】 https://note.com/tsukinihoeru

                                スキ
                                2
                                • 【講師コラム・第2回】ライタースクールは詐欺なのか?

                                  4月にスタートする月吠えライタースクール第2期。その開校に合わせ、講座を受け持つ講師陣がコラムを連載します。第2回は、「【未経験・初級者向け】ライター基礎コース」を担当する肥沼和之です。 2019年10月に、とあるライターがこのようなツイートをした。 もちろん僕は、意義もニーズもあると信じているからこそ、ライタースクールを主催している。ただ、同氏の意見には必ずしも反対ではない。 僕自身、大手ライタースクールに通っていたことがある。ほかのそこそこ有名なライタースクールに通

                                  スキ
                                  13
                                  • 【講師コラム・第1回】なぞかけの悲劇

                                    4月にスタートする月吠えライタースクール第2期。その開校に合わせ、講座を受け持つ講師陣がコラムを連載します。第1回は、「専門特化型ライターで稼ぐ技術」を担当するラリー遠田さんです。 ライターを長年やっているといろいろなことがある。ライターの経験する悲劇として最も典型的なのは「原稿料を踏み倒された」ということだろう。 必死で原稿を書いたのに、原稿料を支払わずに編集者が逃げてしまった。あるいは、自分が原稿を書いた本や雑誌が出るはずだったのに、出版社自体が倒産してしまい、原

                                    スキ
                                    2