マガジンのカバー画像

Retopoflow(リトポフロー)の使い方

32
1~2時間後に実戦投入!Blender 2.9用アドオン「Retopoflow 3」を1~2時間程度で素早く学習し、すぐに実戦投入するための解説集です。これを通読すれば公式動画を… もっと読む
Ver.3系の9割の新機能は私からの提案で実装されました。今後もバグ報告と改善提案を続けていくため… もっと詳しく
¥2,400
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

(無料記事)【はじめに】お読み下さい

(約 3,500文字の記事です。) このマガジンはBlender用アドオン「Retopoflow」の使い方の解…

(無料記事)Retopoflowの更新で内蔵アップデーターを使ってはいけない

(約 600文字の記事です。) Retopoflow Ver.3.2.3が出た。今度こそは内蔵アップデーターが正…

4か月前

Retopoflow Ver.3.2.2以降の変更点

(約 1,500文字の記事です。) Ver.3.2.1と3.2.2以降の変更点をまとめて書きます。マイナーバ…

5か月前

(無料記事)Retopoflowのユーザー設定ファイルはどこ?

(約 700文字の記事です。) RetopoflowのVer.3.2.0のアップデートで、内蔵アップデーターを…

6か月前

Retopoflow Ver.3.2.0での変更点

(約 5,200文字の記事です。) 以前に開発者のジョナサン氏に問い合わせたところ、指摘したバ…

7か月前

最短経路のホットキーをCtrl + Shift + シングルクリックに変更する

(約 1,900文字の記事です。) Retopoflow Ver.3.1.0ではShift + Alt + ダブルクリックで最短…

10か月前

Retopoflow Ver.3.1.0での変更点

(約 6,300文字の記事です。) 私が開発者に提案したいくつかの機能が実装されて新登場!かなり使いやすくなりました。今までリトポモードと編集モードとの往復が必要だった部分がそのままリトポモードでも作業できるようになった!これはかなり革新的。 やはり思ったことは何でも相手に伝えてみるもんだね! この記事はVer.3.1.0無料版を使ってテストしましたが、有料版との機能的な違いが分からなかったため、もう無料版の動作テストは打ち切りとします。Ver.3.0.2, 3.1.0

スキ
3

パッチツールの感度を調整する

(約 300文字の記事です。) パッチツールは、コの字やL字のエッジに対してスパッと格子状に…

11か月前

選択できないターゲットメッシュを復活させる

(約 1,600文字の記事です。) リトポモードでは時々選択できないターゲットメッシュが生じる…

ターゲットメッシュを見やすくする

(約 1,600文字の記事です。) 実線作業に入る前に作業環境を快適にしよう。今までの設定でも…

リトポモードで選択できない面を選択可能に修復する方法

(約 1,900文字の記事です。) Retopoflowのリトポ作業中に、どうやっても緑色の選択状態にで…

元の形状を変更してリトポの続きを行う

(約 3,700文字の記事です。) ハイポリメッシュの形が完成してリトポしたあとでも、大元の形…

リトポ前のハイポリメッシュの完全性に注意

(約 1,700文字の記事です。) 形状転写元のハイポリメッシュが、例えば法線が一部反転してい…

リトポモードの弱点を「編集モード+ポリビルドツール」で補う

(約 2,600文字の記事です。) 残念ながらRetopoflow Ver.3.00.2でも不完全なところがある。手足の指の付け根部分のリトポは、ハッキリ言ってリトポモードでは難しい。指の先端部分を非表示化できないのでポリゴン表示が重なって「狙ったポリゴンを選択状態にできない」ことがあるのだ。 2021/07/23 追記 Ver.3.2.0では私がリクエストした「選択範囲の非表示化」が実装されました。ですのでこの代替方法なしに、 ・Hキーで選択範囲の非表示 ・Shift

スキ
3

ブリッジ機能で一瞬でリトポする

(約 1,100文字の記事です。) 2つのメッシュ島をポリゴン面でつなぐブリッジ機能。Retopoflo…