見出し画像

ちびっこデザイナー募集企画・ちびっこ職人体験のご紹介

みなさまは土屋鞄で販売している「ちびっこリフレクター」をご存知ですか? 暗い所で光を反射するこのキーホルダー、実はこどもたちのイラストを元につくられています。

画像12

大賞に選ばれた作品が、写真のようにリフレクターへと製品化される「ちびっこデザイナー大募集!」企画。今年もいよいよ募集を開始しました。
今年はどんな作品に会えるのか、職人もスタッフもドキドキワクワク。絵を描くことが大好きなお子さまのご応募を、楽しみにお待ちしております。
応募はこちらから

大賞を受賞された方には、製品化だけでなく工房での「ちびっこ職人体験」も待っています。「ちびっこ職人体験」とは、土屋鞄の職人と一緒にオリジナルのレザーグッズづくりを楽しむ企画。
本日は、昨年の大賞に輝いた4名と特別なものづくりを楽しんだ日の様子をご紹介します。

画像6

今回職人と一緒につくるのは、オリジナルの革の時計です。ちょっと難易度が高いけど、みんな上手にできるかな......? エプロンをつけて、スタートです!

画像1

まずは、使う革を選ぶところから。
「どんな色にしようかな」「この色、いいんじゃない?」
触り心地も一緒に確かめつつ吟味します。

画像3

選び終わったら、いよいよ時計づくりのスタート。針に糸を通すところから、革の裁断、ミシンがけまで。職人が手伝いつつも、こどもたちが主体となって工程は進みます。
楽しそうな顔も、真剣な顔も、職人たちにとってはどちらも嬉しいものです。

画像5

画像6

画像12

集中していたらお腹が空いてきたので、ここで一旦お昼休憩。みんなで食べると、もっと美味しいですね。

画像14

画像9

元気をチャージして、いよいよ最後の仕上げです。みんな、細いところまでこだわって黙々と集中しています。

画像14

画像11

完成! 難しい工程もある中、それぞれとっても素敵なオリジナルデザインの革の時計が出来上がりました。使ううちに味が深まっていくのが楽しみです。

画像14

画像15

最後は表彰式。ちびっこデザイナーの受賞をみんなでお祝いしました。
今回つくった時計はもちろん、この体験がこどもたちにとって大切な思い出となれば幸いです。これからも、絵を描くことやものづくりを目一杯楽しんでくださいね。土屋鞄も、想像力豊かなこどもたちの感性を育むお手伝いができれば嬉しいです。

画像13







この記事が参加している募集

6
1965年創業、昔ながらのシンプルな形に、確かな職人技を詰め込んで。こどもたちの心の中で生き続けるランドセルを、一つひとつ、丁寧につくります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。