見出し画像

タイムラインに通知される年配者の危険運転

いつかクルマの未来だったプリウス、今は年配者の事故を通して見かけるようになった。このごろ、街中でプリウスに遭遇するとドキドキする。

狙い通りなんだろか。しかし未来のクルマが年配者ターゲットでうんぬんかんぬん…って、資本主義への皮肉みたい。

危険運転が話題だけど、きっといま報じられているものが全てではないんだろう。一体どのぐらい日常的なものなんだろか?気になった。

タイムラインで軽く検索しただけで、ニュースにならない報告がどんどん出てきた。









5分もかからずゾロゾロと出てきた。この頃ごちゃごちゃしてるTwitterだけど、こうやって映像や出来事がリアルな世界を伝えてくれる。この先も、増えるんだろう。

ニュースで眼にした事故はやっぱり一部で、すでにマズい状態なのかな?悲劇は悲劇でも、ドラマ仕立てのテレビ、フォーカスしすぎてて、本当にリアリティあるのかな。疑問。

ともかく、未来のある若者が犠牲にならないよう、先輩方の心がけとともに、厳しく取り締まってほしいと願いたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もし、サポートいただけるほどの何かが与えられるなら、近い分野で思索にふけり、また違う何かを書いてみたいと思います。

自信になります🐑
24
スタートアップのUI・UXデザイナー/HCD専門家、日常ズボラーのIT土方です。感じたこととその反証を、雑なコラムやエッセイとして書き留めてます。主成分は表現と認知心理/メンタルヘルスケア/要求工学/IA/言葉。何か触れるところあったなら嬉しいです。
コメント (1)
報道する側も 事故を劇場型に
しているように思えてならない

危険な行為が行われていると
言うことより 煽っていると
捉えられても仕方ない編集の
仕方が見てとれたり。

危険な行為だと言うのなら
映像を流すより先に
出来事を伝えてほしいと
願うばかりです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。