表現と認知の個人的な考察

36

聴き手の姿勢と思考態度

誰かの話を聞くとき。たとえば友達や家族の話、同僚の話、クライアントの話を聞くとき、どういう聴き方ができるんだろう?と考える。できるなら、話し手の言いたいことをうまく聴き出したい。普段の自戒と知りたい気持ちで、ラフに書き出してみたい。 聴き手は何に向き合おう? 「分かってくれている…

良い『報告』は良い場所をつくる(たぶん)

報告って、言わずもがな、コミュニケーションの重要なひとつです。プライベートからビジネスまで、日常生活でたくさんの報告をすると思います。 「<報>いる(た)ことを<告>げる」でいいのかな? 地味なようで、相手にも、自分にも、それぞれの観点から大切にしたい理由があったりします。 単な…

できないことほど、捉えにくい

最近このツィートをみてハッとした。 否定より肯定。できないことより、できることのほうが捉えやすいんだって。むかし、社会心理学かなにかの書籍で読んだ。捉えにくいうえ、できない状態は想像したくない。「できる」と思っていたい。 心の声ならいいとして、相手がいる相談や検討でも同じでいいの…

会話の「齟齬」を解決するために、どんな言葉使いや気持ちでいたらいい?

「齟齬がありました。」 こんな言葉を至るところで耳にする。自分もたくさん言う。仕事で打ち合わせなんかしていたら、齟齬はつきもの。だけど、私たちはこの齟齬というやつがいったい何かを解き明かし、どうにかするために足掻く。アタリマエで避けようがないそいつと、今なりに向き合っていく必要が…

「同感」と「共感」。言葉のすれ違い。

いま話している相手と、勝手につながったつもりになっている。知ったつもりになっている。 人の心のうちなんて人の勝手。だから、思い込みや取り違いは生じるし、態度や行動で確かめ合う。コンサルの基本みたいな話だけど、SNS上でも思い込みや取り違いをして、それに気づかないこともよくある。 い…

「優しい沈黙」と「厳しい沈黙」のデザイン考

ユーザーリサーチの本を読んでいたら、インタビューの「沈黙」について触れられていた。 沈黙は大事だ。沈黙が沈黙じゃない時間をつれてくる。沈黙は対人心理的にもいろいろな色があり、人との関わりに影響する(といろいろな機会で習ったつもりだ)。 これもデザインと呼ぶべきか知らないが、何かし…

認知の歪みを分かりやすくしたい(1)

心理学のなかでモノゴトがうまく捉えられないことを「認知の歪み」という。自分の思った通りにならない。聞いてたのと違う。誰からも理解されない。不適応な認知は、周囲と様々なコミュニケーション不全をひきおこし、続く場合は身心に支障をきたす。 自分は専門家でも何でもないが、当事者、あるいは…