表現と認知の個人的な考察

35

誰かの気持ちになることとアクティングアウト

この頃はTwitterをやっている。タイムライン上で同業の皆さんと話したり、いろんな意見を聞くことは嫌いじゃない。登壇やコミュニティ参加の機会に、多…

感動の取り扱いと解釈の必要性

感動した物語がすぐさま売り物のように扱われると、どこか裏切られたような気持ちになる。それが「死」を扱うなら尚のこと。 私たちは、売り物からたく…

22歳の祝辞①を読んだ

話題になった大学卒業生、22歳の祝辞①を読んだ。 このあまり見たことのない祝辞に、それっぽさはない。メッセージのようでもなければ、何かを“隠して…

それっぽいUXやUIの前に、誰かが根底から求める価値をつかみたい

昨日Yahooさんで開催されたUX JAM in OSAKA 03 x Mix Leap合同イベントに登壇させてもらいました。たくさんの人前で話すのは、超ひさしぶり。 2020年、…

社員もブランドを捉えたい

事業のブランディング、ブランドについて考えている。 自分はいまデザイナーとして働いているけど、少なくとも、ロゴやタグラインを決めたら=ブランド…

漠然と不安な(だけど特に何もない)状態をことばで反証する

他の人になったつもりで書くセルフワークです。読んでも得はありません。ネガティブな表現もしますが心配しないでください。心身とも健康です。 - - - …

“できる”の線引きに悩める人へ

「あなたは何が“できる”人ですか?」 いつも“できる”という言葉は、捉えやすくて掴みづらい。 誰がどこで、どの範囲で、どの程度、どのように…。…

現実は観察と認知によって作られる

「そんなことより」と言ってたら、らちが明かない。 たとえば、有名人を集めて桜をみるためのお金と、タレントの違法ドラッグ、そこに群がる方向の異な…

サービスで人の欲求も痛みもムゲにしない

どんな体験も、人が中心にあると考えます。自分が興味のないサービスには見向きもしないし、続かないアプリは消します。こんなドライなのに、サービス設…

スマホの写真と良さ・確からしさ

早速ですが写真と本文は関係ありません。 iPhone11と1億画素以上ある富士フイルムGFXの写真を比較する記事をみました。 https://iphone-mania.jp/news