中野谷つばめ
【小説】はじめるときに選ぶこと
見出し画像

【小説】はじめるときに選ぶこと

中野谷つばめ

※ この小説 のスピンオフ小説です。


 小説を書こう。

 決意して、まずはじめにすることは。
 登場人物とストーリーの設定を考えること。
 頭で考えているだけでは、書き始めるまでに忘れちゃうから、どこかに書き留めておかないと。
 紙とペンが必要ね。

 紙。
 ノート。
 娘が途中まで使って、あと使ってないB5のノートって、なかったかな。
 新聞の折り込み広告の裏でもいいっか。

 ペン。
 昔使ってたボールペン、まだ書けるかな。

 まってよ。
 これからわたし、書くことを仕事にするの。
 紙とペンは、仕事の道具になるの。
 何かの残りじゃなくて、新しいものを使いたい。

 たしかあの作家さんは、ノートとペンにものすごくこだわっていて。
 週に2回は、本屋と文房具屋をチェックしているって。
 サイン会の時は、カラーの筆ペンを使っていたかな。
 黒と金とピンク。

 たしか、筆ペンの脇にノートを置いてたっけ。
 A5サイズのノートに、布のカバーつけてた。
 もうひとつ、夜空みたいな表紙の分厚い日記帳みたいなノートを持ってた。ちょっと、高そうな。でも、あれ持ってる作家さんは、素敵。

 

 買い物に行くときに、文房具屋さんに寄ってみよう。
 すごく高いものじゃなくていいから、わたしが見て、可愛いと思って、ペンやノートを見たら書きたくなっちゃうくらい好きになったボールペンとノートを買おう。
 100円ショップじゃなくて、文房具屋さん。
 駅前のビルなら、本屋さんと文房具屋さんがある。

 わたしにとっての魔法のノートと魔法のペン。
 今日、見つける。
 今日、はじめる。


おしまい
 
 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中野谷つばめ

サポートしていただいた金額は、次の活動の準備や資料購入に使います。

中野谷つばめ
なかのやつばめ/人生の5分の4を書いて生きてきたわたし/ 公式サイト 本と文具と文章とhttps://is.gd/KNcMK1/ Twitter つばめ*小説家https://twitter.com/tsubamenakanoya