マガジンのカバー画像

子どもの姿勢や体作りのコツが分かるマガジン

22
■子どもの姿勢をよくするコツや子ども体作りについて学べます。姿勢や運動指導の国家資格を持つプロ(理学療法士)が、誰にでも分かりやすく書いています。 ■対象者:保護者の方をはじめ、… もっと読む
マガジン購読者は、今後追加される記事も追加課金なしでお読みいただけます。
¥500
運営しているクリエイター

記事一覧

YouTubeチャンネル「こども発達LABO.」更新動画一覧(2020.2.8現…

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

YOUTUBEチャンネル!「こども発達LABO.」が始動しました

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

【さよなら猫背~幼児期にできる猫背予防のための遊び3つ~】

※この記事は有料となっていますが、子どもと姿勢研究所のブログ記事内で、無料でお読みいただ…

100

超がつくほど不器用。発達性協調運動障害を知っていますか?(その2)【子どもの姿勢…

不器用さがメンタル面に与える影響としては、「自己肯定感の低さにつながる」ということです。…

100

超がつくほど不器用。発達性協調運動障害を知っていますか?(その1)【子どもの姿勢…

■はじめにおことわり 超不器用な子どもは、「発達性協調運動障害(Developmental Coordinati…

100

子どもの発達を考える時は、心と体と言葉のつながりを認識しておくこと【子どもの姿勢…

子どもの発達を考えるなら、心と体と言葉はセットで考えないといけません。 その理由は、赤ち…

100

木登りやジャングルジムが体作り以外に与える効果~頭の柔らかさを作る鳥瞰図的視点~【子どもの姿勢と体作り講座】

幼児期をはじめ、小学校の低学年程度までは、特定の筋肉を鍛えるような運動やスポーツをするよりも、体全体を発達させるような遊び、運動が適しているとお伝えしてきました。 「姿勢を良くするための習い事はスポーツでなくてもよい 」 http://kodomotoshisei.kokage.cc/2604/ 「キッズヨガって、「楽しみながら体作り」ができるので凄くいいと思う」 http://kodomotoshisei.kokage.cc/4588/ 「元小学校の校長先生に伺った「

スキ
1
有料
100

ベビーソファーは、赤ちゃんの発達の邪魔をする?【子どもの姿勢と体作り講座】

バンボなどの商品に代表される「ベビーソファー」は、安定した座位姿勢を取らせることができま…

100

知らず知らずのうちに頑張ってしまう?代替報酬という考え方【子どもの姿勢と体作り講…

人は、そうそう「自分に厳しく」できるものではありませんよね。 それができたら、私はもっと…

100

大人が良い姿勢だと子供の姿勢が良くなる?~ミラーニューロンを刺激せよ~【子どもの…

「子は親の鏡」とは昔からよく言われる言葉ですね。 「子供を見れば、親が分かる」、「子供は…

100

先天性股関節脱臼の基礎知識と予防【子どもの姿勢と体作り講座】

先天性股関節脱臼とは先天性股関節脱臼がどのようなものかについては、gooベビーから引用しま…

200

早期教育論には要注意!発達は早いほうが良いわけではない!【子どもの姿勢と体作り講…

生まれてから獲得していく運動能力も、赤ちゃんが自分の経験を通して学んでいくものです。 と…

100

赤ちゃんは胎児の頃から自発的に動いている!?【子どもの姿勢と体作り講座】

最近の知見では、原始反射だけではなく、赤ちゃんは胎児の頃からすでに動きの基本を学んでいる…

100

赤ちゃんが生きて行くための知恵!?原始反射のお話【子どもの姿勢と体作り講座】

生後間もない赤ちゃんの動きは、特徴的なものがあります。 いくつかの例をご紹介します。 ・非対称性緊張性頸反射(ひたいしょうせいきんちょうせいけいはんしゃ) 赤ちゃんの顔を左右のどちらかに向けると、顔の向いた方の腕が伸び、反対側の腕が曲がってきます。 ・探索反射。 赤ちゃんの口の横を触ると、顔が触れられた方を向きます。 ・吸啜(きゅうてつ)反射 口に入ってきたものをくわえて吸います。 ・把握反射 赤ちゃんの手のひらを刺激すると、瞬間的にグッと握り込みます。 ・足踏み反

有料
100