見出し画像

5-10.速いパッセージの練習(音階、半音階)

テクニック本インデックスバナー

画像2

画像3

最も基礎的な練習の一つである半音階や音階は各教則本にも必ず掲載され、そうでなくとも自主的に練習へ組み込んでいる奏者や部活動も多いと思いますが、テンポが速かったり音価の細かい連符などの場合、みなさんはどのように練習をされていますか?ダーーッとワーーーッと一気に感覚で吹いて練習した気になってはいませんか?

少し気が早いですが、次回掲載予定の記事「難しいパッセージの練習」(なんと最終回!)では、いわゆるフィンガリングが難しい部分の練習方法についてお話をします。指の動きが難しいと、あからさまに「できない!」と感じるので様々な練習方法を模索しようと躍起になることが多いのですが、半音階や音階は親しみがある分、頭では何となくわかっている場合が多いからか、とにかく何度も吹くなど練習方法を工夫することが少ないように感じます。

今回はそのうようなシンプルで速いパッセージをきちんと演奏できるようになるための理論的な考え方から練習方法までを解説します。


基本はスラー

私はレッスンでも常にお話しているのですが、まずはとにかくスラーから練習に入ることを推奨しています。

この続きをみるには

この続き: 7,407文字 / 画像27枚

5-10.速いパッセージの練習(音階、半音階)

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

今後ともよろしくお願いいたします!
5
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

こちらでもピックアップされています

テクニック本【第5章】
テクニック本【第5章】
  • 13本

技術本の「第5章 —テクニックを学ぶ—」から「おわりに」までのマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。