新マガジントップ画像5

5-1.リップスラー

テクニック本インデックスバナー

画像2

画像3

ついに最終章第5章に入りました!
この章は「技術本(テクニックぼん)」のいわば中枢。トランペット特有の、実際に演奏上必要なテクニックについて解説していきます。
最後までお付き合いいただければ幸いです。

それでは、第5章最初は「リップスラー」について。


リップスラーの概要

ある一つの音が鳴ると、その音以外に1オクターブ高い音やなど、高い音がいくつか聞こえることがあります。これらの音のグループを「倍音」と呼びますが、トランペットをはじめとする金管楽器は、この倍音をコントロールすることで音域変化をしています。
トランペットの音域はおよそ2オクターブ半ありますが、バルブを押さずに鳴らすことのできる倍音はB管の場合で、いわゆるHigh B音までの間に7つの音が存在します。

画像4

これらの音の中から特定の音を確実に当てることが金管楽器の難しさのひとつと言えます。
このテクニックを手に入れるためには、どのような方法(奏法)、どのようなコントロールが必要かを理論的、感覚的、音楽的に理解した上で正しく身に付けなければなりません。

この続きをみるには

この続き:4,059文字/画像5枚

5-1.リップスラー

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

今後ともよろしくお願いいたします!
4
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。