新マガジントップ画像2

2-9.トリガー操作


音のツボに当てても

2-4.音のツボとは」で解説した通り、それぞれのトランペットが持っている音のツボに当てることができれば、原理的には音色はもとよりピッチも安定します。したがって、自分自身が試行錯誤していちいち音のピッチを作っていくのではなく、楽器が本領発揮するためのサポートを奏者がするだけで安定した演奏は望めるわけです。

しかし、トランペットの演奏可能音域内において、ただ2つの音だけがツボに当たっても不安定なピッチになってしまう現象がどの楽器にもあります。それがこちらの音です。

この続きをみるには

この続き: 5,412文字 / 画像11枚

2-9.トリガー操作

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
1
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(全記事掲載完了)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com