_photo_AC_泣く少女

⑥/24【人に近づいてはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《人に近づいてはいけない》のビリーフを持つ方は、人に近づくことや、人と親密な人間関係を持つことに対して、恐怖を感じます。
その結果、人間関係がギクシャクしたり、不適切な人間関係を築く傾向があります。
また、あえて過剰に人に近づこうと努力する者(←反抗的決断)や、わざと相手から嫌われたり、不審がられるような、おかしな近づき方をする者、社会性を欠いた近づき方をする方もいます。(ストーカーなど)
 
 
【悩みの例】
・怖くて人にちかづけない
・人と親密になれない。仲が良くなってくると自分の方から壁を作る
・仲の良い友人がいない
・近づいて欲しくない雰囲気を出している
・子ども、男性、女性、年上の人等、特定の人に近づけない
・人と一緒にいるとリラックスできない
・人とハグができない
・人から触れられたり、人に触れるのが嫌
・人に自分の物を触られるのが嫌(自分の持ち物が自分の延長に感じられるから)
・人と腹を割った感情レベルの話ができない。自分の本音を言えない。ケンカができない(心理的に近づけないから)
・異性関係にだらしがない、遊び人(肉体関係は持つが、心理的には近づかない)
・自分の本心を悟られないように、または、触れられたくない話題を避けるために、自分の方からずっとしゃべり続ける
 
 
【原因となる体験】
子どもを嫌う親や機嫌が急変しやすい親、子どもに無関心な親、虐待する親等に育てられた子どもが、「人(親)に近づくと拒絶されるかもしれない」「人(親)に近づくことは危険で怖いことだ」と思い込み、《人に近づいてはいけない》のビリーフがつくられます。
また、親や仲の良い友人と離別・死別・した際に、「仲良くなってもどうせ死んでいなくなってしまうのだから、人に近づいたからって何になるんだ」と心に決めることもあります。


【続きは下記のブログのリンクへ】

⑥/24【人に近づいてはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
旅好き。ねこ好き。ラピュタ好き。阿蘇を愛し阿蘇に愛される。 本当の"自信"を取り戻す心理カウンセラー/心理セラピスト。 "絶対に"心のブレーキを外す心理セッション《トゥルーステップ》は全国対応。心理療法のビリーフチェンジは福岡・熊本の両方にて提供中。熊本唯一のビリーフを変える男。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。