_photo_AC_しゃがみ込む女性

⑯/24【健康であってはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《健康であってはいけない》のビリーフを持つ方は、「ストレスや不安があるとすぐに体調を崩す」「人からの注目や愛情が不足すると病気になる」「慢性的な体調不良(たとえば、疲れやすい、身体が重い)」「風邪をひきやすい」等の症状を示します。
また、自分の健康に対する責任感低く、病気になっても休むことなく、無理をしてがんばり続ける方もいらっしゃいます。
病気になる事で得ていたものを手離す決断がないと解消されませんが、解消されることで人生が激変するビリーフです。
 
  
【悩みの例】
・身体に特別悪いところがあるわけでもないのに、よく病気になる
・ストレスや不安など、嫌なことがあると体調を崩す
・大事なときに限って熱を出したり、怪我をする
・人からの注目や愛情が不足して寂しくなると、病気になったり、怪我をする・・・夫が忙しくなると、妻が病気になる
・医者から「どこも身体に悪いところはない」と言われたのに、実際に体調が悪い
・病気を治したのに治らない
・慢性的な体調不良、全身のだるさ
・よく風をひく
・病気になっても休まない(休めない)・・・最後は動けないほどの病気が悪化する
 
  
【原因となる体験】
《健康であってはいけない》のビリーフは、「普段は仕事で忙しくて家にいない母親が、病気になったときだけそばにいてくれた」「いつも怒ってばかりで厳しい父親が、病気になったときだけやさしくしてくれた」「病気になったときだけ、嫌なことをしなくても許された」といった経験を通してつくられます。
また、病気がちな親をお手本にして、《健康であってはいけない》が刷り込まれることもあります。(親の影響)
(大好きなお母さんが病気がち→子ども・・・健康でいることに罪悪感を感じる。病気がちであることで母との繋がりを感じる。)
 


【続きは下記のブログのリンクへ】

⑯/24【健康であってはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
旅好き。ねこ好き。ラピュタ好き。阿蘇を愛し阿蘇に愛される。 本当の"自信"を取り戻す心理カウンセラー/心理セラピスト。 "絶対に"心のブレーキを外す心理セッション《トゥルーステップ》は全国対応。心理療法のビリーフチェンジは福岡・熊本の両方にて提供中。熊本唯一のビリーフを変える男。