新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

これからの時代に必要不可欠なもの

タイトルを見て「在り来たりだな」と思った方もいらっしゃるかもしれない。

私も自分で書いてて、およっ?と思った次第であるが、そんな「在り来たりなもの」がこれからの私たちの未来を支えるために必須だと思ったのでここに書き残そうと思う。

はてさて、この答えに見当が付いている方はおおよそ、見えないものなら知識、教養然り、政治学、経済観念...見えるものであればクレジットカードのようなキャッシュレスができる媒体、ネット環境、世界と繋がるためのツールなど頭に浮かんだかもしれない。

ただそれらを使って物事を考えるのは一体誰であろうか。

私たち人間だ。

便利過ぎる世の中であることはとてもありがたいと思う反面で、一度立ち止まって一人の脳のある生物として考えてみて欲しいことがある。

私たちの倫理観や道徳とは何だろうか。
そもそもどうして倫理観や道徳が必要となるのか。

そもそも倫理とは、ごく簡単に言えばモラルのことである。例えば、生まれてすぐの人間は良いことと悪いことの区別がすぐに付いたのだろうか。皆、成長をする中で、大人から「これをしてはダメ。」「これをするのは良いことだ。」を理由も無く教えられてきたことだと思う。この理由無き善悪の判別が倫理観だと思う。

そしてそのような記憶と経験が作用した論理感が人間の罪悪感を生み出し、正しい道を歩ませ道徳を作る。

例えば、なぜ人間を殺しちゃいけないのか。なぜ人の物を奪ってはいけないのか。なぜ人や動物を虐めてはいけないのか。

小さな子供が尋ねるのは可愛い疑問かもしれない。だが大の大人であっても倫理観が失念していれば、そう思うことがあるかもしれない。

確かに自由を重点に置く今の時代の中で、何を思うか、何を考えるかは個人の自由だ。しかしだからといって、じゃあ人を殺めること、人を貶めることを良しと思うことも個人の自由だと言えるだろうか。

もし、誰もがそのような倫理観を見失い道徳が欠如した暁に、この便利な世の中を便利な道具で自由に操れるようになれば、私はそれこそ世界大戦以後最悪の事態になることだと恐れている。

最近のことで言えば、コロナウイルスの対応が人種差別か人種差別では無いかのプチ論争があった。そして現地では多くのアジア人差別が横行した。今、日本でもウイルスを恐るがあまり人を無闇に自己的な正義を振りかざして攻撃をする事態が多発している。

もしこれから来る未来で倫理観を失った人間が、この便利なAI(人工知能)を上手く駆使し、他の人間に害となるからと一人の人間を簡単に削除するようになってしまえば一体この世界はどうなるだろうか。

さらに実はアメリカや中国の考え方が今、戦前の時代に立ち戻ってしまっていることも踏まえて私は危惧している。急速に進化する時代に人はついていけていないのかもしれない。

では私たちに必要な倫理観を補ってくれるものは何か。正しい知識はもちろんだが、古来の哲学も役に立つと思う。もし興味があるならば一人の哲学書では無く多くの哲学書を読んでみて欲しい。そしてその人物が生きた時代がどのような状態であったかも学んでみて欲しい。そこから自分はどう感じるのかを記憶してこの時代に何が活かせるのかを考えてみて欲しい。


未来ある人間のためにここに小さなメモを残す。

2020/5/19



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
愛しい言葉、メモ帳の保管場所。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。