見出し画像

【23卒内定者ブログ】明日やろうは馬鹿野郎

株式会社トリニアス

はじめまして!来年4月からトリニアスに入社予定の琉球大学工学部 桑原雅弥(くわはらまさや)と申します!

出身は長崎県諫早市。趣味は釣りと料理とサウナです。
身長は168cmと小柄ですが、二宮和也さん・星野源さん・神木隆之介さんらと同じ身長!とポジティブに捉えています(笑)

この記事では、私がどんな人間か、どういった経緯でトリニアスへ入社を決めたのかを書いていきます!

01|人に恵まれて育ってきたこれまで

幼少期、とにかく生意気で目立ちたがり屋でした。母曰く、目を離すとすぐ迷子で、初対面の人とは親より先に打ち解ける、本当に世話が焼ける息子だったようです(笑)

学生時代はひたすら部活に打ち込んでいました。小学校ではソフトボール、中学校では軟式野球、高校と大学ではラグビーを経験。練習や試合ではチームで一番大きい声を出していたと思います(笑)気付いたらチームの中心にいて、ムードメーカー的な存在でした!

高校時代、ラグビーの引退試合の写真🏉

そんな私は就活前に自己分析をしたり、なりたい姿を考える中で「もっとたくさんの人に必要とされたい」、「影響を与えることができる人になりたい」と思うようになりました。
特別な実績などない私ですが、こんな想いを抱くことができたのは家族や友人などが周りにいたから。人に恵まれて育ってきた自信があります!


02|なりたい姿に近づくための就活

 就活は3月からスタートしました。工学部ということもあって、最初はエンジニアを目指そうと決めていました。
しかし、誰かに影響を与えたい、他の誰でもない自分だから成し遂げられることをしたいと考えるようになり、エンジニアは自分が描くなりたい姿とは違うと感じはじめました。
自分の選択に後悔も妥協もしたくないと思い、選考中だった企業と内定をいただいていた企業を全て辞退し、5月から就活を再スタートしました。

新たに決めた就活軸
❶営業職を経験できること
❷若いうちからでも手を挙げれば挑戦できる環境

上記の就活軸を基にベンチャー企業を見るようになりました。そこからとにかく自分がワクワクできる環境を探し続け、トリニアスに出合いました。

トリニアスに入社を決めた理由は、人です。選考を通して数名の社員さんとお話しをさせていただきました。どんなキャリアを歩んできて、どんなビジョンを掲げていて、どんな想いで働いているのかなどを聞かせていただき、トリニアスでなら自分の目標へ向かって着実にステップアップすることができる!と、思うことができました。

また、"トリニアスのここが他の会社とは違う!" と思ったポイントがあります。それは上司が部下の背中を本気で押していて、部下はそれに本気で応えようとしている姿勢です。そんな環境に「この先輩方についていけば間違いない!」とワクワクを感じられたことが入社の決め手です。


03|明日やろうは馬鹿野郎

私は人生目標に「死ぬまでに100万人に必要とされる人間になる」を掲げています。仕事もプライベートも "まさやが居れば間違いない" と、思われる人間になります!

今まで、ついついやるべきことややりたいことを先延ばしにしてきて、後悔してしまった経験が何度かあり、挑戦することから逃げないという想いで「明日やろうは馬鹿野郎」を自分のモットーにしています!

私は将来、経営者になりたいです。そのために、まずトリニアスで営業スキルとマネジメントスキルを5年間で身に付け、事業部の中心で活躍できる人を目指します!

東京での1からのスタートは壁にぶつかることももちろんあると思いますが、好奇心旺盛なので「明日やろうは馬鹿野郎」の精神で様々なことに挑戦していきます!

この記事が参加している募集

オープン社内報

就活体験記