パンデミックSF ジャック・ロンドン「赤死病」を毎日訳す

2013年にパンデミックが起き、何十億もの人の命を奪った"赤死病"。その60年後、唯一の生き残りである男が孫たちに当時の惨禍を語る……。およそ100年前に書かれた未来予想図、ジャック・ロンドンの「赤死病」("The Scarlet Plague")を毎日ひっそりと訳していきます。

ジャック・ロンドン「赤死病」#18

ムール貝はエドウィンの指千本分だったな。つまり四千はムール貝四十個分、そのくらいまで病原菌は拡大できたんだ、顕微鏡さえ使えばな。また時代が下れば、"動画"という方…

ジャック・ロンドン「赤死病」"17

「わしは申し分なく幸せだった。食に関しては言うことなかったからな。食料を自分で採らないわしの手は固くならず、汚れひとつないきれいな体に肌触りのよい衣服を――  …

ジャック・ロンドン「赤死病」#16

 話は少年らの理解の範疇を越えてしまっていた。少年らは老人の話や思考が脇道に逸れても放っておいた。老人の語りはしだいに取り留めのないものになっていった。 「食料…

ジャック・ロンドン「赤死病」#15

「疫病の蔓延が始まったとき、わしはまだ二七歳だった。住んでいたのはここからサンフランシスコ湾を挟んだ向こう側、バークリーという場所だ。エドウィンは憶えとるだろ、…

ジャック・ロンドン「赤死病」#14

「サンフランシスコの人口は四百万、つまり歯四つ分だった」  少年らの目は、百万を表す歯からそれぞれの掌の上のものへと移り、それから百を表す小石、十の砂粒へ動き、…

ジャック・ロンドン「赤死病」#13

第2章  少年から昔話をお願いされた老人はご満悦のようだった。ゴホンと咳払いをして、老人は語りはじめた。 「二、三〇年前であれば、みな興味津々でわしの話を聞きた…