初心者向け、パラグラフライティングのすすめ

初心者向け、パラグラフライティングのすすめ

パラグラフライティングをご存知でしょうか。文章がパラグラフ(段落)から構成されると考え、その並べ方や構造を意識して作文する技法をパラグラフライティングといいます。パラグラフライティングは、完成する文章はちぐはぐでわかりにくいものになる事態を回避するためのテクニックといえるでしょう。

レンガで家を組むことに似ている

文章を家と見立てた場合、パラグラフはレンガに相当します。レンガで家を作るとき、並べ方や組み方を意識して、完成形をイメージしながら組みますが、それと同じで、文章という家を作るときも、パラグラフを配列します。これにより、読者に説得力を与えながら主張を伝える、『よい文章』を作文できます。

駅までの道案内にたとえてみると

道案内を依頼するとします。以下の2つの言い方で回答された場合、どちらがわかりやすいでしょうか。

「ここから駅までの所要時間は5分くらいで、曲がる箇所が2つあります。まずこの道をまっすぐ進み、左手にコンビニが見えるので、そこの十字路を左に曲がってください。その後まっすぐ進み、ガソリンスタンドがある十字路を次は右手に、そこから直進して突き当りに駅があります。」

もう1つは、

「まっすぐ進むと左手にコンビニが見えるので、そこの十字路を左に曲がってください。その後直進してガソリンスタンドがある十字路を右に曲がってください。そこから直進すると、駅にたどり着きます。所要時間は五分くらいです。」

どうでしょう、どちらかといえば、前者のほうがわかりやすいですよね。

両者の違いは何か

両者の違いは主に2つあって、文頭にトピックセンテンスがあるかないか、全体をまず説明して、その後細部を説明する構文になっているか、の2つです。

トピックセンテンスは、そのパラグラフを通じて主張したい内容です。前者の場合、「ここから駅までの所要時間は5分くらいで、曲がる箇所が2つあります。」がトピックセンテンスです。

トピックセンテンスがあると、話し手(書き手)が何を主張したいか明確になります。また、トピックセンテンス以降の説明はすべて詳細の説明であるため、この部分を省いてもおおよその意味は聞き手に伝わります。パラグラフの冒頭で全体像がつかめるようになっているので、聞き手にやさしい説明になります。

あとは組むだけ

このようにパラグラフを構築したら、あとはレンガのように組み立てるだけです。これを意識するだけで、立体感のある優れた文章を執筆できるはずです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
英日翻訳/フリーランス/個人事業主/自営業/翻訳者/英語学習/東工大卒/a freelance En-JP translator, English learner, and graduate of Tokyo Tech/twitter: trans_souta