見出し画像

改めて 東京フォトグラフィックリサーチについて

こんにちは。
東京フォトグラフィックリサーチです。

マクアケのクラウドファンディングを通じて、東京フォトグラフィックリサーチについて知っていただいた方も多いと思うので、今日は改めて、東京フォトグラフィックリサーチ(TPR)の活動についてお伝えできたらと思います。

■TPRとは

東京フォトグラフィックリサーチは、2020年代を迎える東京を舞台に、最先端の写真/映像表現を通じて、未だ見ぬ都市と社会と人びとの姿を探求し、生み出された「作品」と交わされた「対話」から見出されたヴィジョンを後世の東京へ、未来の社会に生きる人たちへと残し、伝えることを目的としたアート・プロジェクトです。

プロジェクトの核となるのは、写真や映像、現代アート、メディアアートの世界で国際的に活躍する13組の若手アーティストによるヴィジュアル・アートワーク。

2020年8月までにウェブサイトで13プロジェクトを段階的に発表していきます!

その発表と合わせて開催される対談やサロン、カンファレンスなどのイベント・プログラム『ヴィジョンズ』の活動を通じて、現在の東京という都市と私たちの関係を見つめ直し、語り合い、共に考える中から私たちの現代を探求していきます。

■誰がやっているの?

プロジェクト・チームは各分野で活躍中の人びとで構成されています。

代表:写真家 小山泰介

副代表:キュレーター 山峰潤也

の2人を中心に、TPRの目指す方向性に共感したメンバーが集まり、チームを構成しています。

画像1

右:小山 左:山峰

■(1)メインプロジェクト

TPRは今、大きく分けて3つのプログラムを軸に動いています。

(1)メインプロジェクト=ウェブサイトで13組のアーティストが作品を発表

TPRのコンセプトを体現するメインプロジェクトでは、写真家やメディア・アーティストに限らず、演出家、音楽家、建築家としても活動するアーティストのような、ジャンルを横断して多様な表現を展開する13組が、2020年代の東京のフォーカスした新作を発表します。
またその作品を出発点として、アーティストとゲストによる対談を行い、その様子をウェブサイトで作品とともに公開します。

作品と対談をセットで、というのは、アーティストをはじめ、現代の人びとが交わした言葉や声というメディアそのものが、後々とても生々しく現代を表すメディアになるはずだという思いから企画しました。校正された文章と違って、迷ったり考え込んだり寄り道したり、そのような状態も残していきたいと思います。

また、作品はウェブサイトで発表するだけでなく、ゆくゆくはグループ展としての発表もおこないたいと思っています!13組+スペシャルプロジェクトで関わってくれた人たちも集まって、現在の東京を多角的に象徴するようなグループ展が出来たら最高です。

画像4

■(2)スペシャル・プロジェクト=コラボレーションなど

TPRはスペシャル・プロジェクトとして、コラボレーションやコミッションなどを積極的に実施します。ウェブサイトでの発表に限らず、多くの人たちと交流し協働することによって、人の繋がりや活動の輪を水平的に、波紋のように、外へ外へと広げていきたいと思っています。

これまで、スペシャル・プロジェクトとしてアムステルダムのアートフェアでコレクティブに特化したセクション『UNSEEN AMSTERDAM’S CO-OP』に参加したり、スイス・ローザンヌの美術大学ECALとのワークショップを東京で開催したりしてきました。

画像4

©︎ ECAL

この春からは、東京のいくつかの街で作品展やプロジェクトも実施していきます。

TPRはまだまだ様々なコラボレーションを実施したいと考えています。アーティストのプロジェクト、企業の企画、教育機関のプログラム、様々なフィールドで様々な可能性に一緒にトライしていける方々と、もっともっと出会って話していきたいと思います。
TPRとなにか出来るかも、と少しでも思った方はぜひお声がけ下さい。一緒に新しい実践のかたちに挑戦していきましょう。


■(3)パブリック・プログラム『ヴィジョンズ』=3種類のトークイベント

『ヴィジョンズ』は、さまざまな人たちのいろいろなヴィジョンが集まって生まれる場です。
TPRでは、(1)オープンな交流や発表・研究会の場=サロン、(2)ウェブサイトで公開するための対談の公開収録=ダイアログ、(3)アーティスト・プロジェクトの発表と検証イベント=カンファレンス、の3つを継続的に実施します。

まずは3月にカンファレンスとサロンを実施するため、絶賛準備中です!

画像3

■メンバー募集中!

TPRは、すべての活動を記録集として書籍化し、さらには海外展も目指したいと思っています。TPRの特徴は柔軟なコレクティブであることだと思います。いろいろなプロジェクトごとに、いろいろな人と協働しながら、広くこの時代をヴィジュアライズして後世に伝えていきたい。参加というかたちでも、ご支援という形でも、企画を一緒にやるという形でも、どのような形でもいいので、ぜひTPRに関わる人が増えたら嬉しいです。

これからもTPRの活動にご注目下さい!
よろしくお願いします。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12
東京フォトグラフィックリサーチは、最先端の写真/映像表現を通じて、未だ見ぬ都市と社会と人びとの姿を探求し、生み出された「作品」と交わされた「対話」から見出されたヴィジョンを後世の東京へ、未来の社会に生きる人たちへと残し、伝えることを目的としたアート・プロジェクトです。