見出し画像

ep.28 はじめの一歩。

僕には今でも心に留めている言葉がある。

2001年のちょうど今頃。新卒から勤め始めたバイク雑誌で編集者としての限界を感じていた僕はカメラマンという職業に興味を持ち始めていた。

ある日、新車インプレッションを任された僕が依頼するカメラマンに頭を悩ませていると編集長が「スポーツカメラマンに興味があるなら、この人に頼んでみれば?」と紹介してくれたフォトグラファーがいた。

僕が勤めていたのはいわゆるストリートバイクを紹介する雑誌だったから、お付き合いのあったカメラマンさんはカスタムに強い方が多かった。しかし、このとき紹介された方はもともとレース撮影を専門にしている方で、動体を撮るプロフェッショナルだった。

撮影を終えて喫茶店で一服しているとき、自分の想いを伝えてみた。

スポーツカメラマンに興味があるけれど、専門教育も受けていないし、所有している機材は入門機のようなものしかないから、やっぱり厳しいですよね? と。

今、思うとメチャクチャ後ろ向きな発言で「できない」を前提に考えているあたりが当時の僕らしさを表していると思う。

「持っている機材で撮れる写真を撮れば良いんだよ」

何をおいても写真は撮らなければ始まらない。どんなに良い機材でも撮らなければ上手くなることはない。

トライ・アンド・エラー。

これは写真に限った話ではないけれど、失敗から学び、発見して、また失敗をする。カメラに性能を求めるのはそのあとだ。大切なのは知識と技術、そして、誰もみていない瞬間を見つける洞察力。これらの能力は経験を積むことでしか身につけることができない。

お会いしたのは19年前の一回だけだから、お名前すら失念してしまったけれど、このときもらった言葉が僕にとってのはじめの一歩になった。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽



スポーツ写真のオンラインサロン始めました。

写真について語り合いましょう。

ご興味のある方はこちらをご参照ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったv(。・ω・。)ィェィ♪
27
フリーカメラマン。主にスポーツを撮る人。ライフワークでセパタクロー日本代表を追いかけています。フォロー大歓迎です。オンラインサロンはじめました^^ https://bit.ly/2ZRcqRA 📩takasutsutomuonline@gmail.com

こちらでもピックアップされています

What I've been doing ...
What I've been doing ...
  • 28本

イチオシです。写真との出会いやカメラマンとしての人生を振り返り中です^^

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。