見出し画像

物事の優先順位を判断する管理職の心得。重職心得箇条 第10条

何を先にして、何を先延ばしにするのかを判断せよ。

ビジネス戦略において、何が大切であり、何がとるに足らないことなのか、その区別を見誤ってはいけない。

また何が緊急を要するものなのか、何が先延ばして良いのか、その判断を間違えてはいけない。

まだイケる、大丈夫だとのんびりしていると、チャンスを失うことになり、急いでも焦燥し、過ちを招くことになる。

そのため、管理職にとって必要なことは、やるべき事の順序をしっかり把握すること。それには、大局を捉え、3年、4年、5年、10年のビジョンとプロジェクトを組み立て、一つ一つの手順を明確にして実行していくことが大切である。

政事は大小軽重の弁を失ふべからず。緩急先後の序を誤るべからず。徐緩(じょかん)にても失し、火急にても過つ也。着眼を高くし、惣体を見廻し、両三年四五年乃至十年の内何々と、意中に成算を立て、手順を遂(お)いて施行すべし。(重職心得箇条第10条)

それにはどうすれば良いだろうか。

本日の言志録勉強会のプレゼンテーター 上村薫氏は、
鳥の眼、虫の眼、魚の眼にプラスして、こうもりの眼の大切さを指摘された。

鳥の視点 俯瞰的に全体を捉える
虫の視点 局所を集中的に注視する
魚の視点 流動的に流れる情報や時代の空気をキャッチする

こうもりの視点 物事を正反対から考察する

この4つの視点で物事を見ることで、物事の順序を決めることが大切だと彼彼女は提議。

しかし、この4つで物事を捉えられるレベルの人物
これほどの能力を所有するほどの人物なら、社長を支える重職(管理職)にはならず、今の時代だとその前に独立して起業してしまうだろう。

そのため、現実的な活用法は、合議制だ。
つまり、重職は一人でなく合議制が好ましい。

鳥の視点を有した人物
虫の視点を有した人物
魚の視点を有した人物

中小企業なら、重職OBや先代社長など、社長を支えるブレインを合議させ、彼らの意見をリーダー(社長)が参照して判断すると良いだろう。

最後のこうもりの視点(物事を逆に捉える発想や視点)こそ、リーダー(社長)の着眼点だ。

恐らくそこからリノベーションが生まれるだろうから。

山脇史端

ご興味ある方は、毎朝15分間の言志録勉強会
オブザーバー参加は無料なので、気軽にお問合せ戴けたらと思います。

画像調整(協会)1100×700

https://www.facebook.com/groups/666232644159256/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

私たちは、東洋哲理という先人達からの智慧を、現在のビジネスシーンに取り入れて生かして戴くことを目的に活動しています。サポート戴ければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

今後も東洋哲理の記事を発信して参ります!
4
東洋哲理の理論を、ビジネスに取り入れて未来に向けて発信します。陰陽五行理論のロジカルシンキングで考察し、中国主導のグローバル経済のもとで、新たなビジョンを提案できる東洋哲理コンサルタントを養成します。 https//surirekigaku.com

こちらでもピックアップされています

写真を使ってくれた記事
写真を使ってくれた記事
  • 425本

フォトギャラリーからあたくしの写真を選んで使って下さった記事です。 ありがとうございます。意外と使っていただけてびっくり。

コメント (2)
写真使っていただいてありがとうございます
写真を拝借させて戴けて感謝しております。今後とも宜しくお願い致します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。