三板の叩き方

三枚の板を紐でつなげた沖縄版カスタネットです。
何でできてると思います?
実は三線の棹を作った時の端材でできてるんです。
なので黒檀や紫檀、花梨、などでできていますね。

左手をピースしてもらって3枚の板を挟みます。紐が調整できるのでいいくらいに調整。左手で挟むようにカチカチ、右手と左手で交互に叩きます

名人の打ち方にはずいぶん技巧的なものもありますねー。
肘で打ったり、おでこで叩いたり。
指先も器用に動きます。
三板の問題点がひとつ。他の楽器に比べて音大きいんだよね。これってステージでマイクを通さなくてもオッケーという音量だと思います。大勢が黒檀製のサンバを連打すると結構うるさいですね。皆さんもステージ以外では遠慮がちに叩いてくださいね。
3月8日はサンバの日となっています。
中国に似たような楽器があるようです。開いた部分を上に向けて拍子木のように使うみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
1968年、宮古島生まれ首里育ち。東京在住ミュージシャン。イチャリバーズで年間ライブ150本。二胡、絵画、平和、フレブル、お問い合わせ、出演依頼、三線教室、個人レッスン、 はこちらへe-Mail toyobox@yahoo.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。